逆年の差夫婦のお互いの呼び方。

 

 

「司さん夫婦は、お互いにどう呼びあってますか?」

ご質問メールをいただきました。

ありがとうございます。

逆年の差夫婦の我が家のお互いの呼び方についてお答えします。

 

 

目次

  1. 逆年の差夫婦のお互いの呼び方
  2. お互いを名前で呼びのは小さい頃からの憧れ
  3. 名前で呼ばれるとやっぱり嬉しい

スポンサーリンク


逆年の差夫婦のお互いの呼び方

 

逆年の差夫婦の我が家では、出会ったときからお互いを下の名前で呼び合ってる。

俺は特に抵抗なく、呼び捨てで呼んでたけど、最初の頃の嫁は俺を名前で呼ぶことを恥ずかしがってた。

なかなか「司」と呼び捨てで呼ぶことができなくて、

「つ」って言ってみて。

じゃあ次、「か」って言ってみて。

その次、「さ」って言ってみて。

それを続けて言ってみて。

みたいなことをやってましたよ。

はい、のろけです。

 

お互いを名前で呼びのは小さい頃からの憧れ

 

結婚しても、名前で呼び合うのは若いころからの憧れ・理想としてあった。

漫画で見たのか、ドラマで見たのか、どこで影響されて、理想と思うようになったかは覚えてへんけど。

 

今でも、子どもの前でもお互いのことは名前で呼び合っている。

嫁に名前を呼んでもらえるおかげで、自分の名前がさらに好きになってる。

 

名前で呼び合うのって、自分を認めてくれてるみたいで、嬉しいねんな。

 

スポンサーリンク


名前で呼ばれるとやっぱり嬉しい

 

子どもが独立して家を出たとき、嫁のことを「ママ」や「お母さん」と言い続けている夫婦の話を耳にすることがあります。

「私はあなた(旦那)のお母さんじゃない!」

ごもっとも。

今更、呼び方を変えるのは恥ずかしいと思ってるかもしれませんが、その恥ずかしさがいい刺激になるかもしれません。

照れてる嫁の顔を見ると俺は興奮します(笑)

 

 

質問や感想などありましたら、些細な事でも構いませんのでなんでも聞いてください。

過去に記事にしている可能性があることでも大丈夫です。

どなた様かのお役に立てられれば光栄です。

メールはこちらよりお問い合わせください。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す