お父さんは腹太鼓が得意です。

 

 

先日、小太郎の通う小学校で「音楽祭」があった。

芸術の秋・・・ということですかねぇ。

 

スポンサーリンク


 

小太郎たちの学年が演奏する音楽や歌は事前に聞いていた。

が、本番を楽しみにするために、極力俺の前で歌ったりするなと言っておいた。

嫁も俺の気持ちをくんでくれ、俺の前では練習しないようにしてくれた。

出来た嫁ですなぁ。

小太郎の演奏する楽器は大太鼓。

大太鼓は全体のリズムをひっぱる大きな役割を担っている。

「小太郎にその重大な役割は大丈夫か?」

大太鼓の役割になったと聞かされたとき、最初に不安に思った。

 

 

そして本番。

俺も4年間も小学校と係わっているので、他の学年にもちらほらと知った顔の子がいた。

1年生なんてかわいかったな。

小太郎の学年も上手にできてた。

小太郎の大太鼓もよかったな。

 

村の小さな小学校くらい人数が少なく、迫力には欠ける。

完成度も所詮は小学生なので低い。

歌の途中に集中力が切れ、よそ見してしまっている子もいるくらい。

決して演奏はうまくはない。

 

それでも、なんやろうね。

感動すんねんな。

子のそれぞれの成長を感じられるからやろうな。

迫力や完成度を求めるのならオーケストラやコンサートなんかに行けばええ話やしな。

 

 

大役を任され、無事成功させた小太郎は自信がついたかな。

これからの成長も楽しみや。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す