納戸の一室を俺の部屋スペースとしてアレンジ開始。

 

先日、嫁とIKEAに買い物デートをしたときに、自分専用の机とイスを購入した。

関連記事<<<IKEAでソフトクリームを嫁と食べた。>>>

 

そのときに購入した「自分だけの専用のもの」。

机とイスを組み立てていきます。

ワクワクの気持ちしかない。

 

スポンサーリンク


約7,000円のイケアのイスを組み立てる

 

さぁ、早速作っていくが、まずイスを組み立てていきまっせ。

 

購入したイスはこれ⇓⇓⇓

 

なんの変哲もない約7,000円のイス。

もう2,000円ちょっと出すと社長イスっぽいのがあってんけど、とりあえず最初だったのでこれにした。

 

 

説明書に文字はないけど、25分くらいで作り終わることができた。

イス程度なら簡単なもんやな。

 

<追記>

使ってみての座り心地としては、やはり安物のせいかすぐに疲れる。

リクライニングがないのがちょっと残念かな。

奮発してもう少しええやつを買えばよかったと思うのが正直なところ。

 

 

約20,000円の部屋の隅を利用したイケアの机を組み立てる

 

次は机を組み立てていきまっせ。

 

 

部屋の隅を利用する感じの机。

パーツが意外とでかいので完成品は思ってたよりもでかくなりそうな予感。

 

この机は箱が2つに分かれていた。

IKEAの家具あるあるで、組み立てたら部屋から出せないってことがこの机でも発生する。

そのため、机を設置する部屋での組み立て作業となるが、その部屋は物置として利用している部屋で、モノがあふれてる。

パーツを全部広げることができないので、2つの部屋を使っての作業。

あっちいったりこっちいったり。

ドライバーや六角レンチでぐりぐり。

文字のない説明書で図だけで作業を推測して実行する。

なかなか難しいよな。

嫁にも作業を少し手伝ってもらいながら作業をすすめる。

 

そして2時間後。

やっと完成した。

もし女性が1人で組み立てるとしたらかなり難しいと思うで、これ。

 

〈追記〉

実際に使ってみての感想は、テーブル位置が高めになっており、高さに合わせてイスを高くすると、イスから床に足が届かない状態になるので足が疲れる。フットレストを利用すると疲れにくくなると思う。

 

 

納戸部屋の隅を利用した自分のスペースが完成

 

組み立てた机に電気を設置して、パソコンを置いて。

あかん、コード届かんから延長コード設置せな。

 

そしてついにできた。

 

 

 

イスを置くとこんな感じ。

 

 

お部屋の隅っこのわたしのお城(笑)

荷物であふれているので、部屋全体の写真撮影は嫁からN.G.が出ましたので、部屋全体の雰囲気をお届けできないのが残念。

 

IKEAの店頭で見たときよりも、意外と大きかった。

店頭は広いから、小さく見えるんやろうな。

 

ちなみに、この状態で部屋から運び出すのは不可能。

運び出すには解体するしかない。

 

スポンサーリンク


納戸の隅からお届けしております

 

この記事は、今回購入して作った机から書いてます。

この机で書いてる俺の姿を想像してみてください。

口元がニヤけっぱなしなのがわかりますか?(笑)

 

電気のコードが垂れているので、壁を這わせてキレイにする予定。

棚もあるので、小太郎の写真を置いてみた。

他の棚はどうやって使おうかな。

いろいろ考えが広がるな。

口元を想像してみてください。

ニヤけてよだれをたらしそうになってる俺を。

アレンジはまだまだこれからですな。

 

ちなみに今朝、ドライバーや六角レンチをグリグリしたせいで、手にマメが出来てる俺。

もし組み立て家具を作る際は軍手をつけることも重要だと学習した。

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す