一口馬主なら俺でもなれる。

 

 

競馬にはあまり興味がないので、詳しい話はよくわからないのだが、先日の大きなレースでキタサンブラックという北島三郎氏が馬主になっている馬が優勝したという。

 

スポンサーリンク


 

過去に、競馬場にレース開催中に遊びに行ったことが2度ある。

競馬場は子どもたちも遊べるという話を聞き、東京都の府中競馬場というところに遊びに行った。

レース目当てではなく、遊びが目的やで。

上の娘夫婦とその子どもたちも一緒に行ったので、また大人数での行動となった。

「帰りに焼肉かしゃぶしゃぶかおごったるよ」と意気込んでたけど、見事に馬の餌代に消えてしまった。

馬の餌代になるか知らんけど。

 

競馬のゲームやったら、割りと当たるのにな。

ゲームやったら、パターンがあるやん。

それとおんなじようにオッズが低いやつに賭けてても、まぁ来ないね。

さんざん裏切られた結果、競馬は勝負ではなく遊びと位置付けすることにしたのは過去の話。

 

 

今回、興味を持ったのは馬主の方。

北島三郎氏が馬主になれるのなら、俺でもなれんじゃない?

そんな考えで少し調べてみた。

 

考えが甘いというツッコミがくることは承知しております。

 

 

馬主になるために条件があるのはご存知だろうか。

  • 年収が2年連続で1700万円以上
  • 資産が7500万円以上

 

( ゚Д゚)・・・そんな条件あったんか・・・

 

これでも少し前に条件が緩和されてるみたい。

でもまぁ、そうやよな。馬を食わしていく必要があるのに、お金持ってへんと話にならんってことやねんもんな。

 

そして他にもいくつか条件がある。

「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律施行規則第1条各号に掲げるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者」

 

( ゚Д゚)・・・え?

( ゚Д゚)北島さん・・・キタサングレイじゃなくて、キタサンブラック・・・

 

まぁ、ええや。

 

一庶民の俺には馬主になれるチャンスはしばらくなさそう。

だが、合同で馬主になれるシステムが存在することを知った。

いわゆる「一口馬主」と言われるシステム。

簡単にいうと500万円の馬を一口1万円の500口で購入するので一口どうですか。というシステム。

もしその購入した馬がレースで賞金を獲得することができれば、手数料をひかれた金額を一口馬主に分配される。

大きなレースで優勝するくらいの馬を運よくひくことができれば、簡単に元は取れる。

まぁ、世の中そんなにうまくいけへんねんけどね。

そもそも、ほんまに期待されてる血統の馬が一般が購入できる場所に回ってくるかどうかも疑問ではあるけどね。

数万円で購入できる一口馬主に興味があるので、5万円以下ならゲーム感覚でやってみようかと思った。

 

が、さらに調べてみると、毎月馬の食事代と調教代も馬主の口数によって徴収される。

まぁ、レースに出る馬を育てるってわけですからね。

それが毎月、1万円弱から数万円かかるわけですわ。

購入資金と育成資金は別ってことですね。

一発のお金の支払いだけやと、ちょっと我慢してお金を貯めて払うことができるけどな。

毎月の支払いとなると、毎月それだけのお金があるとは限らへんしなかなか厳しいな。

 

ということで、現在一口馬主になることも保留中。

興味がある方はやってみたら、ぜひ教えてください。

 

ちょっと無理したら俺でも一口馬主にはなれるねんけどな。

まずは株の方を頑張るか。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す