乳幼児の孫もインフルエンザB型になりました。

 

 

先週、息子・小太郎がインフルエンザにかかった。

関連記事<<<小学4年生の息子がインフルエンザになりました。>>>

 

今日、小太郎は治癒証明書をもらい、学校に通うことができるようになる・・・はず。

まだ体調崩してるので、もしかしたらインフルエンザの違う型にかかってるかもしれん。

 

今回、小太郎がかかったインフルエンザはB型だった。

そして、孫もインフルエンザにかかった。

B型だった。

 

スポンサーリンク


 

 

うつってるやん。

 

孫は1歳で、かなりグズグズ状態。

小さいと重症化するというのを目の当たりにしている感じやな。

 

何か飲んではヴォミット。

何か食べてはヴォミット。

そしてずっとグズグズと泣いている。

 

小さい体でしんどいよな~。つらいよな~。

 

俺もやけどなっ!

#あたしおじいちゃんだから

 

おっと、やばい。イメージダウンになってしまう発言をしてしまった。

 

 

育児でつらいことのひとつに、子どもの病気の看病があるだろう。

ある程度の年齢になれば、薬飲ませて放置で済むけど、乳児・幼児はさすがにそういうわけにはいかない。

しゃべられへんから泣く。

泣く以外に表現ができひんからしょうがないねんけどな。

病気でつらくて泣いてる乳児・幼児をほっとくわけにはいかない。

家事は完全にストップしてしまう。

やりたいのにやれないというストレスになってしまうだろう。

 

世の中のお母さん方、本当にお疲れ様です。

スポンサーリンク


 

小太郎にも、乳児幼児のころに同じように具合が悪くてグズグズしてたときがあったな。

病気でグズグズしてるときって、父は無力と感じたよ。

水あげようとしても、抱っこしてあやそうとしても、何をやってもお父さんを避けてお母さんの方に行くからな。

元気のときは「とーたん、とーたん」って来てくれるのに。

ほんま、しばいたろかおもたけどな。

 

おっと。やばい。またしてもイメージダウンにつながりそうな発言をしてしまった。

 

 

孫を病院に連れて行って4日目になる。

そろそろ症状も落ち着いてきてくれてもええねんけどな。

孫も泣きすぎて、声変わってもーてるし。

早く治ってほしいな。

 

小太郎が治癒証明書をもらい、学校に行くことが再開することができた瞬間に他の病気をもらってこーへんことを祈る。

 

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑ブログ村ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします^-^

コメントを残す