記念日に交通事故が発生したために忘れられない日になった。

 

 

2016年7月13日。

この日は俺のオヤジの誕生日だった。

事前に誕生日プレゼントのポロシャツを準備し、実家に送っていたので、
「届いたよ。」の連絡を待つだけの予定だった。

 

スポンサーリンク


オカマをほられたときの状況

 

夕方、息子・小太郎の空手の習い事があったので、その送り迎えの帰り道のことだった。

小太郎の習い事の場所から家まで車でおよそ10分の距離。

家まであと3分くらいの距離で信号待ちしているところ・・・

ドーン!と音と共に車が揺れるのを感じた。

 

「地震!?」

そう思って辺りを見回したが、周りが揺れてる様子はない。

運転席から後方を見てみると、後ろの車の運転手が手を合わせている様子が見えた。

 

何かおかしい。

そう思い、車を降りて後ろにいくと、車がぶつかっている状態だった。

 

信号待ち中、後方から他の車に追突されたのだった。

いわゆる、オカマをほられたってやつですな。

 

 

オカマをほられた交通事故の発生原因

 

後方の車もうちと同じ、子どもの習い事の送り迎え中だったようだ。

うちは習い事の帰りで、相手は習い事の送り中。

信号で停止いていたのだが、急いでいたのか、
信号が青になったと勘違いし、アクセルを踏み込んだと言われた。

 

事故処理を行うために、警察に連絡。

警察が来るまでのその間にだんだんと首や腰が痛くなってきた。

 

 

交通事故時に痛みがなくても病院に行くべき

 

押し付けられるような首の痛み。

そして頭痛もするようになってきた。

 

念のため、一旦家に帰ったあと、救急受付の病院に息子と一緒に行って来た。

外傷はないが、交通事故後に症状が出てくることもよくあるそうだ。

 

レントゲンを撮り、骨に異常がないことを確認。

診断の結果は、ムチウチだった。

 

ムチウチ程度で済んでよかった。というのが正直な気持ち。

職場での立場的に休みづらいっていうのもあるしな。

 

スポンサーリンク


交通事故により奪われた時間

 

夕方六時前くらいに交通事故が発生した。

 

そのあと、病院行って、警察行って・・・。

 

それだけで4時間ほど時間奪われた。

 

休みの日の息子たちと遊ぶ時間。

 

休みの日の息子との風呂に入る時間。

 

休みの日の息子と一緒に寝る時間。

 

交通事故により全部奪われた。

 

事故のケガより、時間が奪われたことがムカついてしゃーない。

 

車にはほぼ毎日のように乗っているので、自分が加害者にならんように気をつけんとな。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑どれかひとつでもクリックしていただけると嬉しいです。

コメントを残す