年の差カップル・年の差夫婦だろうが周囲からの目よりも大事なこと。

 

 

「年齢差があることによって、周囲からの目を気にしたり、周囲からの視線に敏感になったりすることはありますか?」とご質問をいただいたのでお答えしようと思います。

 

 

俺と嫁が付き合い始めた頃や結婚した当初、嫁は俺と一緒に歩くことに周りの目を意識していた。

当時は俺がスーツを好んで着ていた時代だったので、私服もスーツだった。

周りから見たら、「女性がお金を払って男を連れ歩いている」ように見られるかもって当時の嫁はよく言ってた。

どっからどう見てもホスト顔ではない俺やねんけどな。

「レンタルおっさん」とか「レンタル彼氏」とかに見えるってことやったんかな。

だが、確かに周囲の目を気にしている時期は嫁にはあったな。

 

スポンサーリンク


目次

  1. ショック!年上妻が母親と間違われたとき
  2. 親に間違われてイヤな気になる前に先手をうつ
  3. 年上妻は今、周囲の目を気にしてるのか
  4. 年上妻が年下夫に望むこと
  5. 最後に

 

ショック!年上妻が母親と間違われたとき

 

9年ほど前、俺が24,25歳くらいのときに急性扁桃腺で高熱が出て、病院に入院したことがあった。

そのとき、嫁が病院の先生に「お母さまですか?」と言われたことがあった。

女性が年上の逆年の差カップルや逆年の差夫婦では病院でのこの間違いはよくある話っぽい。

医者がそういった間違いをよくしてしまうということは、どの年代であれ、奥さんが病院に付きそうことってあんまりないものなんかな。

「お母さまですか?」と間違われたそのときは、俺も嫁もお互いにイヤな思いはしたな。

 

 

親に間違われてイヤな気になる前に先手をうつ

 

周囲の目というか、細かい話やと、食事のときの伝票の置き場所とかも気になる。

彼女側に置かれると、俺 < 彼女と見られてるってことやしな。

結婚した当初も気にしてて、家計の財布は嫁が持ってるねんけど、支払いのときはその財布を俺が預かって、俺が払ってた。

会計時になってしまうが、 俺 ≧ 嫁 を少しでもアピールできるように。

 

他にもお店で接客をされてて、俺と嫁の関係性を探ってるな~って感じたことは確かにあった。

それがイヤやから、俺は先手を打つようにしていた。

店員の前で、嫁のことを名前で呼ぶ

これはおそらくすぐに相手に関係性を理解してもらえるやろう。

女性側から呼ぶのではなく、男性側から呼ぶ。

これで親子の選択肢は消えるはずなので、俺は店員の前で嫁を名前で呼ぶことをよく使っている。

 

スポンサーリンク


年上妻は今、周囲の目を気にしてるのか

 

今、嫁は、買い物や学校の行事に参加したりで一緒に歩いてても、周りからの目を気にしない

面の皮が厚くなったのかな(笑)

唯一嫁が気にしてることは、あまり俺とベタベタしないようにしてること。

もうすでに学校のママ友に俺たち夫婦の仲のええ姿を目撃されてるねんけどな。

「仲がいいね」って言われて嬉しいから、俺は全然ベタベタしててもええと思うねんけどな。

 

思い返すと、付き合い始めや結婚した当初は今よりも逆年の差夫婦は少数派で、周りからどういう風に思われてるかを嫁は結構気にしてた。

嫁は今、全然気にしてない

やっぱり面の皮が厚くなったのか(笑)

 

 

年上妻が年下夫に望むこと

 

嫁曰く、

年齢を言ったら、若く見えると驚かれることもあるけど、じゃあ普段から40歳に見えるのかというとそういうわけでもないと思う。

年老いていくことは自然の原理でしょうがないこと。アンチエイジングは多少気にしてはいるけど、自然には勝てない。

がんばっても50代が30代に見えるわけじゃないんだから。

私は痛々しくならないようにして、司には老けて見えるようにしてもらうって。

司が私にふさわしい男になってもらうしかないでしょ。

 

俺の髪に白髪を発見すると嫁はすごく喜んでる。

もっと老けて~♥」って。

うちの嫁、かわいいな。

 

髪の毛が薄くなったら、より老けて見えるんじゃない?って言われている。

最近、おでこが広くなってきたように感じるのだが、寝てる間に嫁が1本ずつ毛を抜いてるのかもしれない。



最後に

 

嫁が周りの目を気にする時期は通り過ぎたかな。

もうそんな時期じゃない。

周りの目よりも大事なものは二人の絆

周りから何を言われようがどう思われようが、二人の絆で充分カバーできる。

二人の絆が強くなれば強くなるほど、面の皮が厚くなれるのかもしれない。

 

 

年の差に係わる悩みや相談、男側の意見など聞きたいことがあればメールください。
メールはこちら よりご連絡お待ちしております。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す