姉さん女房と「とげぬき地蔵尊」を拝みに巣鴨デート。

 

 

小学4年生の息子と一番上の孫が嫁の母のところで2泊ほどお世話になるということで、東京駅まで新幹線を見送りに行った。

 

関連記事<<<新幹線の窓から・・・。>>>

 

2人が乗る新幹線を見送ったあと、なんとも言えない喪失感を嫁と2人で感じていた。

喪失感を感じながらも、嫁と2人で山手線に乗り込んだ。

 

せっかく2人で都内に出てきたので、久々にお出かけデートでもしようということになった。

息子と離れた喪失感を埋めるために。

こう言っておくと少しはいい親アピールできるかな。

 

 

目次

  1. 姉さん女房と巣鴨デートで巣鴨に上陸
  2. 巣鴨地蔵通商店街の入口にあるおしり
  3. とげぬき地蔵」を拝む前に、巣鴨地蔵通商店街で寄り道
  4. 姉さん女房と「とげぬき地蔵」を参拝デート
  5. 姉さん女房との巣鴨の思い出とお土産

 

スポンサーリンク


姉さん女房と巣鴨デートで巣鴨に上陸

 

息子と離れる喪失感を埋めるために、俺と嫁の2人が向かった先は・・・

「おばあちゃんの原宿」こと巣鴨

 

以前から、俺の「嫁と行ってみたいところランキング」にランクインされてた場所だった。

俺が行きたい場所に、今回嫁が付き合ってくれた。

 

 

 

巣鴨と言えば、「とげぬき地蔵」が有名。

山手線・巣鴨駅で降りると、上を見ながら歩いていると「とげぬき地蔵」の方向に矢印が出ているので、初めて行く人でも迷うことはなさそう。

 

矢印の通りに進むと大通りに出る。

その大通りを信号で渡ればすぐに商店街に出る。

夏の時期、商店街ではミストシャワーが放出されているので、くせ毛の人はイラ立つと思います。

 

 

4が付く日は縁日が出ているということやけど、俺らが行った日は何のイベントもやってなかったので空いてた。

人ゴミ嫌いの俺にはちょうどいいくらい。

縁日が出てる日も気になるので、行ってみたというのも事実やけどな。

 

そのまま道沿いに歩くこと数分。

 

 

巣鴨地蔵通商店街に到着。

この通りに「とげぬき地蔵」がいるらしい。

 

 

巣鴨地蔵通商店街の入口にあるおしり

 

巣鴨地蔵通商店街入口にこんなものを見つけた。

 

 

 

 

巣鴨のキャラクター・すがもんのおしりだそうです。

 

優しく触りましたが、触り心地はただのぬいぐるみと同じです。

「おしり」と表記されているので、壁の向こう側に何があるのかを確認ようと見てみたが何もありませんでした。

 

優しく撫で、そしてときに軽くぱちんと叩いてやりました。

 

その俺のタッチを、嫁に鼻で笑っていた。

それがまた、かわいいねん。

 

 

さぁ、では、「とげぬき地蔵」を拝みに行きますか。

 

スポンサーリンク


とげぬき地蔵」を拝む前に、巣鴨地蔵通商店街で寄り道

 

巣鴨地蔵通商店街で宝くじ売り場を発見した。

出先で宝くじを購入すると運があるということを聞いたことがあるので、ロトを購入。

欲の塊でございますが、何か?

 

宝くじ売り場のすぐ隣に回転寿司屋さんがあった。

「海鮮三崎港」を発見でございます。

結構歩いたし(巣鴨駅からは1キロの距離も歩いていません)、ちょうど昼時なので食事休憩といきますか。

巣鴨に上陸した日は真夏のせいで暑い日。

そんな暑い日に無理したらあかんしな。

 

ということで、「海鮮三崎港」でランチデートとなりました。

電車での移動なので、アルコール摂取できます。

ひゃっほ~い。

 

コホン。

いや・・・子どもたちと離れた喪失感を埋めるために飲まないとやってられないって話です。

 

嫁はビール。俺はウーロンハイで乾杯。

 

 

 

5点盛りでございます。

 

 

あわびでございます。

 

 

なかなかええ値段しまんな。

普段、100円寿司しか行かれへんけど、たまの贅沢。

やっぱり違うね、味が。

おいしいわ。

 

一番おいしかったのは「白魚の軍艦」かな。

嫁は「魚の目がこわい」と食べませんでしたが、オススメです。

かわいいやろ、うちの嫁。

 

 

もう1つ、嫁のかわいいところを紹介。

 

他の海鮮三崎港には行った記憶がないから知らんけど、この巣鴨店では注文したお寿司が新幹線のトレーに乗って座席までレーンの乗って運んでくれる。

三崎港って港なのに新幹線なんだ~。どうせなら船がいいのにね。

なに、この発想。

かわいくない?

 

あいかわらずキュンキュンさせてくれる嫁でした。

 

さぁ、お腹もいっぱいになったし帰るか。

って、このまま帰ったら何のためにここに来たのかわからんで。

 

なので、若干すでに満足しながらも「とげぬき地蔵」を目指しますか。

巣鴨地蔵通商店街のお店を見ながらぶらぶら歩く。

いつもは息子・小太郎の学校からの帰宅を気にする必要があるが、今回はそれもない。

小太郎は新幹線に乗り、静岡に向かっております。

そのため時間を気にする必要がないので、のんびりと過ごすことができるのです。

 

 

時間に余裕があると、せかせかせんでもええから、気持ちも余裕が出るな。

 

 

姉さん女房と「とげぬき地蔵」を参拝デート

 

のんびり歩いていると、到着しました。

 

 

 

思ってたより閑散としてる感じやったけど、人ゴミ嫌いの俺にはちょうどええくらいかな。

やっぱり4の付く日になると縁日が出たりしてるそうなので賑やかなんかな。

 

 

お寺に入って左側に「洗い観音」の名で信仰されている菩薩像がいらっしゃいました。

 

 

自分の悪いところと同じところを洗うと良くなると言われてるそうです。

悪いところだらけの我が夫婦は全身をくまなく洗いました。

菩薩像を洗うタオルが売られていたが、使用済みタオルが置いてあり、それを使ったけどご利益あるかな。

 

菩薩像を見て左側に商品が陳列されておりました。

 

 

サポーターやコルセット、グルコサミンのサプリメントにブルーベリーやにんにくのサプリメントなどなど。

 

ん??

 

信仰する気持ちよりも最終的には現代医学なんでしょうか。

サプリメントは医学でもないか。

まぁ、こういった道具を信仰するのも、何かを頼るという意味では同じなのかもな。

 

なんだか不思議な気持ちになりました。

 

スポンサーリンク


姉さん女房との巣鴨の思い出とお土産

 

お参りをして、巣鴨駅に戻りながらまた商店街をぶらぶら。

あちこちでテレビ番組の撮影スタッフを見かけた。

巣鴨でインタビューしてるテレビ番組もたまに見かけるもんな。

 

インタビューしている声がちらっと聞こえたけど、「お孫さん」の話題だった。

撮影スタッフに話しかけられてるのはそれっぽいおばあちゃんばっかりやけど、俺にも孫おるねんけどな。

声、かけてくれたら、俺のテレビ出演の第一歩になったかもしれんのにな。

 

 

そして、自分へのお土産に「赤パンツ」を購入した。

 

 

1つ500円の一番安くで売られてた赤パンツ。

干支が「亥」なのでこれを買いました。

普段はいてるトランクスは3枚1,000円くらいのやつなので、割高やけどお土産やからな。

 

いつ履こうかな、このトランクス。

 

いや、ちょっと待ってこれ・・・。

 

 

トランクスちゃうやん。

 

やってもーた。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す