証券会社の口座開設完了前にやっておきたいこと。

 

 

今年の目標の1つ、息子・小太郎名義の証券会社口座を開設することがある。

その目標達成に向けて、すでに開設申請書類と住民票等、必要書類は提出済みと、着実に準備を進めているわけだが、口座開設完了前にやっておいた方がいいことを見つけた。

 

関連記事<<<2018年の目標の1つは息子名義の証券会社口座を開設。>>>

 

口座開設完了前にやっておいた方がいいこと、それは、

インターネットバンキングの利用登録をすることだ。

 

 

目次

  1. 証券会社口座に入金する際の手数料の存在を知るべし
  2. 手数料がかからない方法を知るべし
  3. 証券会社口座開設完了前にやっておくべきこととは?
  4. 最後に

スポンサーリンク


証券会社口座に入金する際の手数料の存在を知るべし

 

証券会社の口座を開設したら、株式投資がすぐにできるかと言えばそれは違う。

証券会社の口座にお金を入れて、そのお金で株式投資の取引をするからだ。

財布にお金がないのに、買い物できないですよね。

それと同じで、口座内にお金がないと株式を購入できない仕組みになっている。

 

入金する方法は、息子名義の口座を開設する証券会社では3つあった。

 

①金融機関からATM・窓口からの入金(振込手数料:自己負担

②ネットリンク入金サービスによる入金(振込手数料:無料

③らくらく振替入金サービスによる入金(振替手数料:無料

 

と3つの方法があるわけだが、振込時に手数料がかかるかどうかが大きな判断基準になる。

俺のような弱小投資家にとってみれば、

株式を購入して利益や損失を出す前に、いきなり赤字でどうするの?って感じやもんな。

 

 

手数料がかからない方法を知るべし

 

上記の方法、

①金融機関からATM・窓口を利用して入金する方法は手数料が自己負担でかかってしまう。

株式購入する前にいきなり赤字でどうすんの?

③らくらく振替入金サービスでは振替手数料は無料だが、現在、「三菱東京UFJ銀行」しか取り扱いを行っていない。

小太郎が保有する貯金・預金口座はゆうちょ銀行のみなので対象とはならない。

 

残すは、

②ネットリンク入金サービスによる入金は振込手数料が無料なのだが、インターネットバンキングの登録を事前にしておく必要がある。

小太郎の持つゆうちょ銀行には「ゆうちょダイレクト」というインターネットWebサービスがあり、そこから証券会社口座に入金すると手数料が無料となる。

スポンサーリンク


 

証券会社口座開設完了前にやっておくべきこととは?

 

小太郎の場合の話だが、事前にゆうちょダイレクトに登録しておけば、証券会社口座に入金することは無料ですぐにできるようになるということだ。

インターネットバンキングはゆうちょ銀行以外にも扱いがあるので、口座開設完了前に確認、登録しておくことをおすすめする。

インターネットバンキングにログインできる状況を事前に作っておけば、準備は万全。

口座登録完了の案内が来るのが待ち遠しくなるわけだ。

 

 

最後に

 

ゆうちょダイレクトに登録する際、銀行に登録している住所が現在住んでる場所かを確認する必要もある。もし、引っ越し等で住所が変更している場合は、住所変更の手続きが加わってくる。

そこまでいくとちょっとした労力が必要になってくるが、ゆうちょダイレクトの登録も基本的にはネット上で簡単にできる作業となっている。

少しの手間で振込手数料が無料を選ぶか。

それともちょっとの面倒を飛ばして、ATMや窓口で振込手数料自己負担で振込か。

 

よ~く考えよ~♪

お金は大事だよ~♪

 

 

 

▲目次にもどる
にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑ブログ村ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします^-^

コメントを残す