年の差夫婦がDV事件をきっかけに離婚することになりました。

 

 

年の差夫婦が離婚することになりました。

 

結婚生活期間は1年にも満たない期間。

妊娠中やその他の期間に実家に帰ってたので、同居生活は半年ほどだと思う。

 

ええ、下の娘の話です。

娘夫婦は男が15歳年上の年の差夫婦だった。

 

 

同居してた部屋は解約し、今、娘と孫はうちで預かってる状態。

今後の養育費や慰謝料や面会などの話が落ち着かず、籍はまだ抜けてはいない状態。

生後11か月の子どもを1人抱えての21歳の娘の決意。

「娘に甘い。」と言われるかもしれないが、俺はその決意を受け入れた。

 

スポンサーリンク


目次

 

  1. 家庭内暴力・DVで逮捕された娘の元旦那
  2. 結婚の挨拶に来た時から元旦那のことは信用してなかった
  3. 話は離婚をする方向へ
  4. 最後に

 

家庭内暴力・DVで逮捕された娘の元旦那

 

離婚に向けての話が出たことの発端は、元旦那からの家庭内暴力。いわゆる、DVというやつですな。

 

娘が自力で警察に連絡し、そのまま逮捕されるという事件があった。

今、DVに関しては警察も介入できる時代で、警察に通報すればすぐに駆け付けてくれる。

 

元旦那が逮捕されたその日。

警察に保護された娘と孫を署まで引き取りに行った。

夜で暗くて、そのときはあまり顔が見えなかったのだが、家に帰って驚いた。

顔は腫れあがり、肩や腕は変色している。後日分かったが、足にもかなりのあざ。

どうやったら、こんな小さな娘に手を出せるのか理解ができない。

娘には「べっぴんさんになったやん。」と冗談を投げかけたけど、見ていてつらいものがあった。

 

俺の中での娘は、娘と初めて会ったときの10歳くらいのときのイメージのまま。

そんな娘が家を出て結婚して子どもを生んで・・・ということが不思議な感覚でいた。

娘に手を出した男が憎い。

 

結婚の挨拶に来た時から元旦那のことは信用してなかった

 

元旦那となるこの男には個人的にだが初めて会ったときから「信用しきれない」と思っていた。

娘と結婚の挨拶に来た時、「娘が決めたことなら・・・」と見送ったが、「娘を頼む」とは言えなかった。

事件が起こった今となってはすべてがつながり、「ほれ見たことか。」と言えるのだが、その男を一度でも信じた嫁と娘には精神的なダメージもあるだろう。

 

たった1度のDVだったが、暴力は1度でもふるったことがあるヤツは次がある可能性が高い。

DVに限らず、イジメの暴力にも同じことが言えるやろう。

そして、暴力は被害を受ける側が耐えることにより、さらにエスカレートしていくだろう。

そう考えると結婚生活のやり直しは難しいだろう。

だが、娘は被害届を出さず、別居での生活で相手の様子を見ることにした。

留置所の中では反省してる風に見せており、嫁は娘との面会のときに約束事を取り決めた。

しかし、出てきたら約束と違うということがポロポロと出てきた。

他にも、元旦那の浮気やら逮捕歴やらもボロボロと。

娘が妊娠中、実家に帰ってきてたときに、他の女と生活してたという事実も出てきた。

まぁ、俺はすでに信用してないから予測はついてた話やねんけどな。

娘に悪いが言わせてもらう。

その男、クズやな。

クズを一度でも我が家の一員として迎えてしまったことに恥を感じる。

スポンサーリンク


話は離婚をする方向へ

 

嫁の身内はこのDV事件を知っている。

身内には「詐欺にでも遭ったと思うしかない。」と言われた。

約束が違うことや、娘もクズを信用できなくなったことで話は離婚の方向に進むことになった。

今、生活費や養育費の話でもめている。

クズは人の時間を奪うのが得意である。

クズは娘から多くのものを奪った。そして我々家族からも多くを奪った。

 

まぁ、はっきり言って、娘とクズの無計画性は否定できないが、結婚することを決めたのは娘の意思でもある。

しかし、事前に逮捕歴を我々家族が知っていたのなら、その後の話が違ったかもしれない。

別れると決めた以上、自分たちで生活をしていく道を決めて行ってもらわないといけない。
いつまでも俺も嫁も元気とは限らんからな。

 

最後に

 

今、俺のできることは娘と孫を屋根のある場所で寝泊まりさせてあげるくらいしかしてあげられへんけどね。

 

娘が「結婚する。」と言い、家を出ていき、我が家は俺と嫁と小太郎の3人になり静かになった。

「少し寂しくなったね。」

なんて言ってたことが嘘のように、毎日孫の泣き声が響き渡る。

 

小太郎には「ペットと弟が同時にできたみたいやな。」と。

嫁とは「もう1回、子育てしてるみたいやな。」と。

 

まぁ、うちの周りには子どもが絶えへんし、にぎやかなのはええことかもしれんしな。

子どもの笑う回数は大人よりも何百回も多いと見たことがある。

子どもが笑う環境の影響で、自分たちも笑ってるときもある。

笑うことで長生きができるかもしれんしな。

笑うことで福が来るかもしれんしな。

 

( ゚Д゚) あ・・・嫁は娘に「片付けなさい。」と怒ってることの方が多いわ・・・

 

 

▲目次にもどる

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す