2分の1成人式をやる意味がいまいち理解はできませんが・・・

 

 

息子、小太郎は2007年生まれ。2018年は11歳の年齢となるのだが、今巷で流行りの

2分の1成人式の年にあたる。

学校でも2分の1成人式のイベントが用意されてるくらいメジャーなものになりつつある昨今。

 

何か特別なことをするわけではないねんけれども、スタジオアリスで株主優待券を使って、写真撮影をしてきた。

 

 

目次

  1. 2分の1成人式に写真撮影をしようとしたきっかけ
  2. 〈2305〉スタジオアリスで写真撮影の際の注意点
  3. 簡単に動画を静止画にする方法
  4. 2分の1成人式の写真撮影を終えて
  5. 2分の1成人式をやる理由はわかりませんが・・・

スポンサーリンク


2分の1成人式に写真撮影をしようとしたきっかけ

 

小太郎が小さい頃、お宮参りや1歳の誕生日などのイベントごとに記念写真を撮るということはしてこなかった。

小太郎の写真で残ってるこういった記念写真は七五三のものだけになる。

こうやって記念写真として残すことはおそらくもう、成人式くらいかもしれない。

もしかしたら中学の卒業などのタイミングでも可能性はあるかもしれんけどね。

 

 

小太郎が10歳になる前くらいのときに、「2分の1成人式に写真を撮ろうと思ってる。」と嫁が言ってた。

「そこまでちゃんとしたのじゃなくてもいいから、記念に1枚くらいは。」と当時、嫁は言っていた。

 

家計の負担を抑えて、どうにかお得に写真が撮れないか。と考えた結果が、〈2305〉スタジオアリスの株主優待の取得だった。

 

関連記事<<<〈2305〉スタジオアリスの株主優待を取得した理由。>>>

 

 

弱小投資家には正直、なかなかキツイ資金の拘束だったが、家計からの写真撮影費用を捻出することを考えたら、俺が頑張るしかないやん。

 

 

 

〈2305〉スタジオアリスで写真撮影の際の注意点

 

七五三の写真は当時、マリオが好きだった小太郎がスタジオマリオで撮影していたので、スタジオアリスでの撮影は初めてだった。

株主優待券を受付時に提示 ⇒ 着るものを選ぶ ⇒ 写真撮影 ⇒ 写真選択 ⇒ 写真購入

とこのような流れになるのだが、写真を撮り慣れていない俺たちでもわかりやすく案内してくれた。

 

スタジオアリスでの店内の静止画撮影は禁止となっている。

そしてスタジオアリスとしては動画のSNSへの配信も禁止している。

これは事前に注意されることなので、話を聞いていればわかるが後から合流した同伴者がいる場合は気を付ける必要がある。

 

 

簡単に動画を静止画にする方法

 

 

店内では静止画の撮影はN.G.ということで、店外から店内を写せばええんかもしれんな。

あとは加工ソフトを使用して、動画を静止画に加工するか。

俺もその方法を考えてんけど、スクリーンショットを使えばいいんじゃね?

 

動画を撮影し、静止画が欲しいシーンが来たら、スクリーンショットで保存。

これから超簡単に静止画が手に入る。

 

 

スクリーンショットで手に入れた画像を公開。

こんな感じで撮ることができた。

小太郎の緊張感が伝わるかな。



2分の1成人式の写真撮影を終えて

 

写真を撮られ慣れていない小太郎はめちゃめちゃ緊張してて、それが伝わり笑えた。

カメラマンの人も笑顔を引き出そうと話しかけてるねんけど、それがまた緊張を生むのか、小太郎の笑顔はひきつっていた。

それでもそこはプロの集団。

なんとか撮影を終わらせました。

 

そして写真選び。

和装と洋装の2種類を撮ってんけどね。

我が子なんでね・・・どれもかわいいんですわ。

「これブサイクやな~」って笑えるものもかわいいんですわ。

他の親や大人が見たら、「ぶっさっ」で終わるねんけどな。

かわいいんですわ。

正直ね、全部欲しい気持ちはあるんですけどね、言い出したらキリがない。

 

株主優待券を使って、四切写真を額入りでいただきました。

 

「ちょっと待って~~~~」の嫁。

ねるとんか。

 

結果、他2枚の写真をお買い上げでございま~す。

計9,800円プラス税のお支払いでございま~す。

 

( ゚Д゚) ・・・家計から持ち出し、出た・・・

 

できれば株主優待券の利用範囲内で済ませたかったけど、やっぱそこは親ですな。

いろんな写真を見せられると欲しくなるんですわ。

 

見事に、アリスの罠にハマった2分の1成人式の写真撮影でした。

スポンサーリンク


2分の1成人式をやる理由はわかりませんが・・・

 

正直なところ、2分の1成人式をやる意味はいまいちわからない。

子どもが親に感謝をするタイミング?

いや、まだ子育ての途中でもあれば、その子の親としてはまだ10歳なわけで、親としてもまだまだ未熟やで。

やる理由、やる意味がいまいちわかりませんが、イベントとして受け取っておけばええのかな。

まぁ、こんなきっかけでもないとキレイな写真撮影なんかせぇへんから、乗っかるのも悪くはないけどな。

金かかるけど。

 

 

小太郎、おめでとう。

立派な大人になるんやで。

 

▲目次にもどる

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑ブログ村ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします^-^

コメントを残す