「はいはい」とボケた俺に嫁は言う。

 

 

体育祭で息子の成長を感じて、過去のアルバムを少しだけ見た。

 

小太郎は、はいはいを10ヵ月くらいのときにやり始めたと記録してあった。

はいはいを始めた頃、動き回る行動範囲が広くなって、親が気をつけることが増えた。

 

床にあるものはすぐ拾って口に入れちゃうので、なかなか目が離せず、手がかかったことを覚えてる。

 

はいはいができるようになったと思ったら、すぐつかまり立ち。

そして立ち、歩き始める。

座ってる俺の膝までよじ登ってくるようにもなった。

走るようになって、自転車に乗って・・・。

 

 

年数で言うと、その間って小学生の六年間より短い期間で過ぎたこと。

 

 

今、小学三年生の小太郎。

これからどう成長していくのか、楽しみであり、すごく寂しい。

 

振り返ってみても思うが、育児には関わったほうが絶対にいい。

その子のその時を一緒に過ごした方が絶対にいい。

 

嫁からの信頼も得られるしな。

 

育児は完璧じゃなくていい。

一緒にやることに意味があると思う。

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す