ステップファミリーあるある。

 

 

嫁と知り合ったとき、嫁にはすでに子どもが3人いた。

 

当時の子どもたちの年齢は17、14、10歳。

 

もう育児って感じの年齢ではないと俺は思った。

 

育児って感じじゃないけど、不自由な思いはさせたくないとも思った。

 

 

 

一個人として、一人間としてそれぞれを受け入れた。

 

気持ちとしては俺の子と思ってるけどな。

 

 

嫁の子どもに対する行動や考えには基本的に口出ししない。

 

よっぽど道理に反する場合は別やけど、うちの子たちはええ子やったからな。

 

嫁任せと言われるかもしれんけどな。

 

嫁が子どもたちのことで話をしてきたときは、当たり前やけど話を聞く。

 

そして提案やサポートはする。

 

やりたいことをやらしてあげられるように仕事をがんばる。

 

それくらいしか俺はできひん。

 

だって、口出ししたら絶対険悪になるで。

 

 

スポンサーリンク


 

 

小太郎のように二人でゼロから育ててたらまたちゃう話やけどな。

 

子どもたちと知り合ったときの年齢でもまたちゃうやろうしな。

 

 

惚れた女もその子どもも大切にしようと思ってる。

 

3人全員が成人した今でもな。

 

腹痛めて生んだ子やから、嫁の大事なもんに違いないし。

 

旦那は子どもと同じ天秤には乗れない。

 

最初から比べる対象じゃないねんから。

 

「仕事とわたし、どっちが大事なの」のよくある質問くらい愚問。

 

まぁ、俺は嫁が初めてなんで、そんな質問はテレビでしか見たことないけどな。

 

 

スポンサーリンク


 

 

コメントを残す