投資のハードルを下げる話と夢のある話。

私は資産家ではありません。

 

特別、給与所得がいいわけでもありません。

 

勤労所得は全て、生活費のため、嫁に上納しております。

 

さて、投資資金はどこから出てきたのでしょうか。

 

隠し持っていた10万円からスタートしたのが始まり。

 

投資には昔から興味があったが、どうやって始めたらいいのかがわからなかった。

 

結婚して就職したあと、会社の上司に投資信託を教わったのが投資の始まりやった。

 

投資信託を銀行で買い、そこからやってみて勉強するって感じ。

 

時期がよかったのか、投資信託も順調に利益を出すことができた。

 

その後、自分で株式投資を勉強し、証券会社の口座を作った。

 

資金は投資信託を解約して作った約17万。

 

みずほ銀行など5万円以下の銘柄での取引をしていた。

 

投資を勉強していくと、株主優待のもらい方を知った。

 

株主優待の存在は知ってたけど、どうやったらもらえるのかは知らんかった。

 

たった1日だけ株を保有していれば権利がもらえる。

 

これを知ったときは衝撃やったな。

 

〈8267〉イオン株式会社の株主優待が欲しくて、イオンを買った。

 

今でもそのときのまま、買い増しもせずホールド中。

 

ちょこちょこ少しずつ利益で資金を増やし、お小遣いの一部も投資に回すようにした。

 

資産築く年代と、切り崩す年代があるとすれば、今はまだ築く年代。

 

なので、投資資金は使わない。

 

株主優待や配当はあくまでおまけ。

 

株主優待は嫁にプレゼントする。家庭円満の秘訣のひとつでもある。

 

配当は息子の貯金口座に入れるようにしている。

 

投資のしやすい10万円以下の銘柄を取引している。

 

現在の資産は内緒です。

 

いずれ公開すると思いますが。

 

そのときまでご期待ください。

 

 

コメントを残す