MRIより普通にCFDが好っき~♪

 

 

 

寒くなってきたせいか、首が痛むことがまた増えてきた。

「心配なら・・・」と保険会社のすすめで、MRI検査に行ってきた。

MRI検査は人生初めて。

 

初体験ですな。

 

MRI検査を受ける前に、チェック項目があり、いくつかチェックして署名をする紙を渡された。

体験をブログに書き残してるのに、そのチェック項目を写真を撮り忘れてる俺。

どうかしてるぜ。

 

チェック用紙を窓口に持っていくと、窓口でも同じ内容を確認された。

ネックレス、ベルトなどはすべて取り外してMRIを撮ると言う。

 

ちなみに、カラコン、時計、刺青などのチェック項目もあったのは記憶している。

金属が反応して熱を持つらしい。

あ、ちなみに金属の入ったシャツを着てるかどうかの確認もあった。

わからんからいいえで答えたんやけどな。

無事、この記事を書いてるので、身につける貴金属さえ取っていれば問題ないんちゃうか。

 

 

スポンサーリンク


 

 

MRIを撮るために横になる。

頭、首を固定される。

動きに弱い機械らしいので、動かないようにと言われる。

狭い空間に入っていく。

なんや、宇宙人に拉致された錯覚に陥る。

ビートを刻む機械音なのかが、ずっと鳴っている。

いつ始まったのか全くわからない状態で待っている。

警告音のような音が時折、鳴り響く。

「え?俺、動いてもーた?」とだるまさんが転んだをやっている錯覚に陥る。

終わりが全くわからない。

周りが白いので、空間の距離感もわかりずらい。

何より、頭が固定されているので、顔をあげて辺りをうかがうことすらできない。

これは、閉所恐怖症の人にしてみれば、こわいやろな。

っていうか、検査する前のチェック項目がますます不安を煽ってるよな。

 

一定のビート、時折鳴り響く機械音。

現実か夢かわからない錯覚に陥ってしまった。

脊髄や骨などに異常はなかった。

 

やはり、ただのムチウチという診断。

もう4ヶ月以上がたつのに、なかなか治らんな。

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す