2017 深川七福神巡りに行ってきた。

ここのところ、毎年恒例の家族行事にしている七福神巡りに行ってきた。

今回は深川七福神巡りをすることにした。

上の娘夫婦と孫たち4人とうちの家族3人の計5人と4匹のちょっとした団体やな。

ちなみに孫たちはうるさいので、「匹」扱いでございます。

 

地下鉄大江戸線・森下駅で降り、「寿老神」の神様の深川神明宮からスタートした。

 

小さい子供が多いので、のんびり歩くため、通常よりも時間は多めにかかるが子どもたちの成長を見られることは嬉しいし、目的は七福神巡りよりも家族の交流でもあるしな。

森下駅を地上に出てから徒歩3分ほどで1件目に到着。

「寿老神」は幸福長寿・延命長寿の神様。

嫁の健康で長生きを願ってきた。嫁とは年の差があるので、嫁には長生きしてもらわんとあかんからな。

健康での長生きであれば、杖をつきながらでもまた七福神巡りができるしな。

 

2箇所目は「布袋尊」の深川稲荷神社への流れに。

小さい子供の足で約15分ほどの距離を歩く。

途中、橋を渡るところがあり、川や池って不思議なもんで自然と生き物を探してしまう自分がおる。

魚がおらんかとついつい覗き込んでしまうねんな。俺だけかと思ってたら、息子もやってたのでこの習慣は遺伝なのか男の性なのか。

 

「布袋尊」は千客万来・家族円満・商売繁盛の神様として知られている。

我が家にファミリーが集まって、楽しくすごせることを願ってきた。

「泣いて暮らすも一生。笑って暮らすも一生。同じ暮らすなら笑って暮らせ」を心掛けており、常に笑っていられるようにしている俺。

よく見たら体型も似てるかも。

 

3箇所目は「毘沙門天」の龍光院へ。

「布袋尊」から「毘沙門天」までは子連れの足で20分くらいかかったかな。

少し遠いので、年齢が低い子どもたちは少々ぐずり始めるが、小学生チームはまだまだ元気。

 

「毘沙門天」は武道成就や降魔厄除の神様。

家族を守ってもらうよう願ってきた。

 

参列中、獅子舞が乱入してきた。

「たむけんや。たむけんや。」と一人でずっと言ってたのを、完全スルーする我がファミリー。

「布袋尊」様に家族円満をもっと願っておくべきやったな。

 

4箇所目は「大黒天」の円珠院。

「毘沙門天」から「大黒天」までは子連れの足で約15分弱。

「大黒天」は五穀豊穣や子孫愛育、出世開運や商売繁盛の神様として知られる。

うちのファミリーが皆、愛を持って生活できるよう願ってきた。

愛は心のゆとりを生み出すと思っているのでね。心のゆとりは他の幸せをも生み出す。

 

5箇所目は「弁財天」の神様の冬木弁天堂に行った。

子連れの足で約10分くらい。

小さい子どもたちは疲れて、抱っこやベビーカーでしのぎながら進む状態。

1歳児がおるからベビーカーは必須やな。

まぁ、逆に1歳児がおってもまわれる七福神巡りでもあるってことやな。

「弁財天」の神様は学徳成就、諸芸上達の神様。

「弁財天」と言えば銭洗い。銭洗いと言えば、お金。お金と言えば、欲。

欲は捨て去る七福神巡りなので、銭洗いはせぇへんかった。

小太郎のできることが増えたり、上達するように願ってきた。

 

6箇所目は「福禄寿」の神様の心行寺に行った。

「弁財天」から「福禄寿」まで、子連れの足で約10分くらいかな。

少しだけ休憩したので20分ほどかかったけど、休憩せんかったらそれくらいかな。

そろそろ大人たちも疲れてきたので、途中休憩しようか迷ったが、子連れでこの人数が一気に入れる場所はない。

大人たちだけなら、カフェでまったりタイムもありやろうけどな。

嫁と二人ならここまでの道のりで6箇所は休憩してると思う。

大人数が休憩出来る場所がなかったので、途中のイオン系列のスーパーまいばすけっとで芋けんぴを買って、子どもたちに食べさせて、少しだけ休憩した。

「福禄寿」の神様は、財運招福、立身出世、人望福徳などで知られる。

幸運に恵まれ、金銭にも恵まれ、長生きすると言われている神様。

今回、欲は捨て去るお参りなので、強欲なお願いましていません。

我がファミリーを引き続き見守ってもらえるよう願ってきた。

お賽銭は他の神様より多めに出したけど、決して見返りを求めてるわけではありません。

見守ってくださってる日頃の感謝とその御礼を含めた賽銭であり、決して倍にして返せなどそんなことは期待してるわけではありませんので、ここにご報告させていただきます。

金銭のゆとりが心のゆとりにもつながるが、心のゆとりは愛があればうまれる。

金銭があれば、言うことないって感じやけど、決して見返りを求めた多めのお賽銭ではありませんので。

 

最後、7箇所目の「恵比須神」がいらっしゃる富岡八幡宮を目指す。

途中、「閻魔堂」と言う場所があり、嫁が見たいというので寄ってみた。

普段は見られない閻魔様だそう。

あまりの迫力にちびっこたちはびびって近づかなかった。

 

さぁ、「恵比須神」を目指すぞ。

途中、祭りの道を抜けていくので、ベビーカーを押しながら、人を避けながらなので10分ほどかかった。

ここが一番混んでた。パワースポットとしても有名なところになっているらしい。

待ち時間が長かったくせに、写真を撮るのを忘れてしまった俺。

「閻魔堂」の写真で7箇所終わった気持ちになってたのか・・・。

はたまたええかげん疲れて意識が薄れていたのか・・・。

もしくは壮大なパワーに圧倒され、パワーを感じることに専念するあまり、写真に手が回らなかったのか・・・。

どの言い訳が一番しっくりくるやろ。

 

「恵比須神」は商売繁盛・除災招福や五穀豊穣の神様として知られる。

家族の除災招福を願ってきた。

 

ここではおみくじをやった。

200円の普通のおみくじと、300円のストラップ付きのおみくじ。

お得感から300円のおみくじにした俺。

末吉でございます。

ストラップは財布の中に入れて持ち歩くように書いてあるので、財布に忍ばせてる。

おみくじの結果より、今年1年自分がどう生きるか。どう生活するかが重要。

おみくじの助言は助言として受け入れ、今年1年がんばるで。

 

今回の七福神巡りで完成した色紙がこちら。

子どもに持たせていたので、もうすでに色紙に折り目が付いてるねんけど。

この色紙の他、それぞれの場所で御朱印もいただいた。

色紙が1,000円と7箇所のスタンプ代100円×7の700円。

1,700円の折れた色紙。

御朱印は1箇所500円の7箇所なので3,500円。

今まで行ったことがあるところは御朱印が300円やったので、少しお高めな感じやった。

 

途中、トイレが少ないので頻尿の方には辛い七福神巡りになるかも。

七福神巡りにはよくあるらしいが神社とお寺が混合しているので、お参りの作法を注意する必要もあるな。

たまに見かけるマナー違反が、お参りの前に御朱印帳を預ける行為。待つからと言ってお参りの前に・・・ってどうなんって感じ。効率的にはええかもしれんけど、御朱印の目的がずれてるよな。

今回の家族イベントがどなた様かの参考になれば幸いです。

マナーを守って楽しい七福神巡りを。

 

ご利益もらう前に、病原菌をもらわないようにもご注意ください。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑どれかひとつでもクリックしていただけると嬉しいです。

コメントを残す