VOXYのCMがぐっとくる俺。

息子がソフトボールをやっているのだが、年末年始はソフトボールの練習はなかった。

もともと、運動神経があまりよくないのんびりの息子は、やらないとすぐにできなくなってしまうと思っている我々両親。

練習が休み中、一切ソフトの練習で素振りもキャッチボールすらしなかった息子。

ソフトでも、クリームしか口にしてへんちゃうか。

やらないとすぐにできなくなると思っているので、練習が今年初なると大変やと思い、キャッチボールを一緒にすることにした。

 

グローブをつけるときにその下に守備手袋と言われるものをしている息子。

手を守るものなのか、ファッションなのかしらんけど。

手とグローブの間に手袋をしてるから、ボールの感覚がわかりにくいんちゃうかと思うのは俺の考え。

 

まぁ、その守備手袋を使ってるねんけど、息子が手袋を装着しようとして、できずにぐずっていた。

「この守備手、小さくなったかも。」「全然入らない。」と嫁に八つ当たりまでする始末。

確かにソフトの練習は1ヶ月近くやってなかったとは言え、1ヶ月そこそこで手袋が手に入らへんようになるくらいに手が大きくなるってないやろ。

見かねた俺は、息子ともとに近づいた。

 

小太郎、右手に手袋をはめようとしていた。

 

・・・。

 

絶句とはこのことやな。

息子は右利きで、左手にグローブをつける。グローブと手の間に守備手袋をつけるので、手袋は左手に装着する。

たかだか1ヶ月そこら付けてへんかったからって忘れるか、普通。

嫁と一緒に笑ったけどな。

 

キャッチボール自体は、もう動きが身体に染み付いているのか、ちゃんとできてた。

やり始めた頃よりは、上手になってきたしな。

距離を取らないようにしているので、コントロールも上がってきたかな。

キャッチボールをしながらの会話もできるようになってたし、余裕ができてきたんかな。

会話に夢中になると、ボールを投げるのを止めてしまうのはまだ幼い証拠なのかな。

 

20分そこそこの時間やったけど、言葉とボールのキャッチボールを楽しめた。

お、うまいな、俺。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑どれかひとつでもクリックしていただけると嬉しいです。

コメントを残す