嫁との時間を作るために心がけていること。

 

 

嫁とランチデートに行ってきた。

外食あんまりしないって言ってたけど、そこそこしてるうちに入ると思ってきた今日この頃。

月1回ペースでもなかなかの回数やと思う俺の基準は低いかもしれんけどな。

 

 

買い物ついでのランチデートになるねんけど、家で食べるのとはやっぱり雰囲気が変わるので、たまの外食もええもんやな。

普段、家では作らへんようなものをいただくのもええしな。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

俺が仕事が休みの日は、買い物に一緒に行くことが多い。

そして時間に余裕があれば、ランチに行くっていう流れかな。

時間の余裕を作るには、息子の学校からの帰りの時間も関係あるが、逆に買い物のスタートの時間も関係があると考える。

買い物行く前に、家事の手伝いを旦那がすれば、ちょっとした時間の余裕が発生すると思う。

 

でも・・・男って気が利かないんですわ。

俺も含めてやけどな。嫁がやって欲しいことをぴったりとわからんのですわ。

やってほしいことを言ってもらわんと何をしたらええか困ってしまうんですわ。

あくまで、俺の周りに旦那連中の話と聞いた傾向を言っているので、例外はあるけどな。

俺は嫁が「あれやって」「これやって」って言いやすいように、簡単なお手伝いをやってから声をかけてる。

例えば、「掃除機かけたけど、次なにすればええ?」とか「テレビの液晶、ふいたけど他になんかある?」みたいな。

ひとつのことを自主的に手伝いをすることで、嫁はそれを評価してくれる。

嫁の「ありがとう」が、次の手伝いの難易度があがったとしても、その言葉と嫁の笑顔でがんばれる。

旦那が家事の手伝いをしたいと思う環境作りも大切やねんな。

 

俺の周りの人間の男側の目線からするとこんな感じに思えるので、もちろん偏りがあるとは思う。

でも、やっぱり、旦那も普段の嫁の家事育児に感謝し、嫁も旦那の家事手伝いを感謝するのは夫婦円満の秘訣の1つやと思う。

大事なのは、お互いに感謝すること。そして謙虚であること。

旦那は間違っても、仕事が休みの日に手伝ってやってると思った時点でアウト。

家事育児に休みはないねんしな。

 

昔からテレビや漫画でよく見かける、休みの日にゴロゴロしてテレビ見て、「邪魔だから外行ってくれない?」の流れになってしまったら、取り返しのつかないくらいに嫁の気持ちは離れてるかも。

 

 

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す