仕事を続けられるのは誰のおかげか。

 

 

今の仕事に就いてから10年が経過した。

私の勤める会社は、入社当時はブラック中のブラック企業やった。

タイムカードを打刻して退勤状態になっているにもかからわず、働いていた。

最近はいろんな会社の労働環境がとりあげられ、サービス残業や休憩時間の取得に対しては厳しくなってきてはいる。

それでもまだまだ立場ある役割や役職をもつ人は、会社に奉仕しているところはある。

 

俺も役割を持つ立場をやらせてもらっているので、まだ若干会社の顔色を見ながら働いている部分も正直あるしな。

ただでさえ拘束時間が長い仕事。

世間の平均年収より少しはいいが、拘束時間からすると割に合わない。

そんな社畜を続けて、夜帰ってくるのが遅い俺。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

いつも嫁は待っていてくれる。

俺が先に風呂を済ませてる間に、食事を温めててくれる。

時間は10時半や11時をすぎることはよくあること。

そんな食生活を続けてる俺の腹はぼってり。

最近、夜だけ炭水化物を抜く軽めの炭水化物ダイエットをしている。

結果は恐ろしいくらい出ない。

恐ろしいくらい体重が減らない。

炭水化物抜くうんぬんより、そんな時間に飯食うからアカンのやろうけどな。

 

 

俺が疲れてそうなときには意識して、疲労回復にいい豚肉やトマトや酢の物を出してくれる。

俺が仕事によりがんばれるように、嫁は料理でサポートしてくれてる。

これがまたおいしいねんな。

「愛情」という調味料が入っているのがわかる。

 

俺が10年、勤められているのはいつも言っているが、嫁のおかげであることに違いはない。

嫁が支えてくれるから、俺は仕事をがんばれる。

支えてくれる嫁に何かお返しがしたいと思い、より多く給料をもらうために仕事をがんばれる。

男はひとりで働いてるわけじゃないってことがわかっていれば、家族を支えてるって勘違いはなくなるんじゃないかな。

支え合ってることを理解していれば、夫婦がより円満に生活できると俺は思う。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す