嫁なしでのこの世界は考えられない。

 

 

 

今、この世の中で生きてることは、当たり前やけど1度きり。

 

今、社会で起こってる出来事や人物は、今の社会で生きてるヒトのために創られた創造物にすぎない。

存在する人物や生物、取り巻く環境や空間も全て、今の世界の人のために創られた世界。

 

 

俺自身が、この世から消えれば、俺としての魂は消える。

俺の持ってる世界観も全て。

消えた後、果たしてそれからの歴史があるのかどうか。

消えてしまえば、知る術はない。

魂が存在したとしても、それを認識できる人がおるかどうかもわからんし、記憶が継続されるかどうかもわからん。

環境が残るとしても、言い伝えられるとしても、それを確認できる術はない。

 

過去の出来事は歴史として、今の世界に記録があるとされている。

それは全部、今の世界に生まれてくる生物のために用意された歴史。

生まれてきて、ゼロからの始まりにはならない環境になってる世界を創るために。

今のこの人生ってゆーのは、俺に用意された環境なんちゃうかなって思う。

俺には俺の考えてることしかわからん。

顔色で相手の気持ちは多少わかるとは言え、考えを丸々読み取ることはできん。

誰かに成り代われるわけでもない。

ってことはやで、やっぱ俺のためのこの世の中やなってことを中学くらいから考えてたわけですわ。

 

スポンサーリンク


 

 

ものっすご哲学的やけどな。

だから答えもありません。

 

俺がこの世界に生まれて、この世界で生活している。

この世界で嫁と出会い、嫁と結婚し、生活している。

1度きりの人生。俺がいなくなった後のこの世界のことは俺にはわからないかもしれない。

おる間のことはわかっている。

なら、その間は幸せにおれたらええやん。

楽しくすごせたらええやん。

今の環境、今の世界を楽しむためには嫁は不可欠な存在やけどな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す