嫌いな言葉。

 

 

小太郎の言葉遣いがだんだん少年っぽくなってきた。

たまにその言葉、どこで覚えたんや?って思うことも増えてきたな。

いろんな言葉を覚えてきているが、言葉の重みも教えていかんとな。

 

俺は意識している言葉がいくつかある。

 

学生時代、「バイバイ」ってゆーて

そのままそれが最期の言葉になったヤツがおる。

それから「バイバイ」って言葉は嫌いになった。

それが最期になるような気がして。

いつも「またな」って言うようにした。

 

 

他にも嫌いな言葉はある。

今の世の中、その言葉が当たり前のように飛び交っている。

友と呼び合う仲でさえ、その言葉を耳にする。

聞くたびに憤りを感じるその言葉。

「死ね」

俺にはその言葉は人には言えない。

ってゆーか人の死はそんなに軽いもんちゃうと思う。

それを何故に笑いながらでもそんな言葉を言えるのか。

冗談が通じない?

冗談でも言う言葉じゃないからな。

 

その言葉で傷付いて、ほんまに自らの命を絶つ者がおったら、

どう責任取るねん。

その言葉を最期に、事故にでもまきこまれて亡き者となったら、

どうすんねん。

って俺は思う。

 

人から言われてイヤな言葉は、

当たり前やけど、人には言わん。

 

俺は「お前」って呼ばれるのが大嫌い。

昔は尊敬語の意味やったと聞くが、

今現在で上司に向かって「お前」ってゆーヤツなんて見たことない。

あるとしても啖呵切って会社辞めるヤツくらいちゃうかな。

 

今では目下の者に対して使う言葉になってる。

「お前」と呼ばれると見下されてる気がして腹が立つ。

 

だから俺は対等にしゃべれる相手にはその言葉は使えへん。

友達や嫁にその言葉を使ったことはない。

まぁ「対等に」やから、小太郎にはゆーけどな。

人からゆわれてイヤな気持ちになる言葉は

発言は避けたほうがええよな。

 

「アホ」は大阪人には褒め言葉やから、

冗談で済む言葉やけど、

相手をただ傷つけるだけの言葉は日常会話必要ないやろ。

発言には責任も付属してくる。

言葉はそれくらい重いってことやろな。

 

 

まぁ何ゆーても揚げ足とってくる議員さんじゃないねんから、

ある程度は自由やけどな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す