治療費の打ち切りとなりました。

 

 

3月末で、自賠責保険での治療費のストップを言われていた。

治療は続けたいが、いつ治るかわからない症状に、永遠に治療費を払ってくれるわけではない。

まだ、首の痛み、腰の痛みは強く残っている。

事故の衝撃と痛みは比例するもんではないとわかった。

 

 

治療費がストップした後、どうなるか。

健康保険で自腹で治療となる。

解決してないのに、自腹で行くのは癪なので、もらってる薬を飲んだり塗ったりして痛みをしのぐ予定。

 

この痛みを後遺症として認めてもらう必要がある。

後遺症が残ったと判断してもらうために、後遺障害診断書と画像データを特定の機関に提出しなければならない。

画像データの収集は保険会社に医療記録照会の同意書を送れば、代行してくれる。

後遺障害診断書の作成は主治医(最も治療に通った病院)に書いてもらうことになる。

全部費用は保険会社持ちだが、場合によっては診断書の代金は立替えが発生する可能性もある。

 

 

後遺障害には等級があり、それぞれは明確な基準がある。

目に見てわかる症状、例えば足や指の切断や、ぶつけたことにより残った傷などは簡単に等級がつけられる。

だが、一番やっかいなのが、俺の症状でもあるいわゆるムチウチの症状。

目で見てわかるものではないからだ。

 

首や腰のヘルニアの持病が、事故の影響で痛みが出てきたもしくは悪化したと認められれば、等級はつく。

ただ、レントゲン・MRIでの所見がなにもない俺のような場合は、認定されにくいと言われた。

 

ムチウチで後遺障害認定を取る場合、明確な基準はわからないとのこと。

まぁ、わかってしまったら保険金詐欺などで悪用されるからかもしれんけどな。

 

 

痛みが続いてる今でも、ヘルニアでもなんでもない俺の場合、他に打つ手はない。

職業病や姿勢、生活習慣や加齢などから痛みがある可能性もあるが、その場合は自腹で原因を探さなければならない。

もし、原因を探さずに、痛みを薬などで和らげる痛み止め注射などの対処療法も自腹となる。

納得いかんよな。

痛みを悪化させたのは交通事故で間違いないのに。

交通事故に遭うまで、肩こりなんて経験したことなかったのに。

 

 

今後の治療費のためにも後遺障害認定をしてもらいたい。

ただ、俺の現状だと難しいとのこと。

納得いかんよな。

 

 

申請するには1か月ほどの時間がかかるらしい。

会社を病欠を利用して休んでいる俺はボーナスの査定も影響する。

そのボーナスの差額分も請求できるので、示談は夏のボーナス以降になるのかな。

ってことは7月以降。

交通事故に遭ったのが去年の7月なので、1年以上の長丁場になってしまうな。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す