小太郎、遠足の班長になりました。

 

 

小学校で遠足があった。

小太郎、班長になり喜んでいた遠足。

「長」と言う立場に憧れを抱いている小太郎には嬉しかったんやろうな。

「長」は思っている以上に大変やのをまだわかってないやろうし、ええ勉強になるな。

 

 

電車での遠足で、車酔いのひどい小太郎は電車でも酔う。

周りに友達だらけで、気分が紛れて酔わないかな~なんて心配もしながら。

お風呂で小太郎と会話する。

俺:「遠足、どこまで行くん?」

小太郎:「わかんないけど、遠いとこ。」

俺:「班長さんが場所わからへんの?」

小太郎:「聞いたけど忘れちゃったの。電車で行くところだから。」

俺:「遠足やのに電車で行くん?」

小太郎:「うん、そうだよ。」

俺:「遠足って遠くまで足で歩くってことで『遠足』なんちゃうの?」

小太郎:「(笑いながら)そうだけど。遠くまで足で立つでもいいんじゃない?」

俺:「でも、電車で座席に座ってたら立ってないで?」

 

こうして屁理屈の息子が成長してしまうんやろうな。

 
スポンサーリンク


 

 

今でも「家に帰るまでが遠足です。帰るまで気を付けてください」のくだりはあるみたい。

うちの息子が通う学校だけかはわからんけど、おかしは食べきれる分となっている。

「バナナはおやつに含まれますか~?」や

「消費税は金額に入りますか~?」の遠足あるあるが発生しない。

物足りないね。

言葉遊びって大事やと思うのにな。

 

 

遠足の班の班長の大役を担い、少しドキドキしていると言っていた息子。

なんか新鮮でかわいいよな。

 

そして遠足当日。

高熱を出して休むことになってしまった小太郎。

 

せっかく班長になれたのにな。

さすがにかわいそうに思った。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す