亀田興毅の企画番組を観た。

 

 

実は何気に楽しみにしていた番組。

それが、「亀田興毅に勝ったら1000万!」という番組。

AbemaTVでの生放送でリアルタイムで観た。

 

AmebaじゃなくてAbemaってこれを機に知ったしな。

 

サーバーのダウンやったり、動画が重かったりもしたけど、なんだかんだ楽しめた。

ネットでの反応を見てみると、相変わらず亀田氏は叩かれてますな。

俺は個人的に楽しめたので、細かいことはどうでもええねんけどな。

 

 

そもそも、この企画は「試合」ではなくて「企画」って意識で観ないと。

余興やで、余興。

Twitterでもつぶやいたが、亀田氏はもうプロ「ボクサー」ではなくプロ「エンターテイナー」です。

そう考えると、今回の番組はエンターテインメントです。

タイトルマッチでもなんでもない。

1,000万の賞金があるけど、そんなもんエンターテインメントの小道具の1つやろ。

 

スポンサーリンク


 

 

この企画はボクシングやから成り立ったとは思う。

もし、総合格闘技ルールで元総合格闘家が素人相手に対戦したら?

ブランクがあったとしても、寝技や関節技は素人はかけられたら即アウト。

空手だって、経験者が素人と対戦したら、前蹴りで距離取られて近寄られへんやろうしな。

他の格闘技は明らかにプロと素人の差がはっきりしている。

ボクシングなら「もしかしたら・・・」と思うのかもしれない。

実際俺も、そう思う人間なので、応募資格の体重さえオーバーしていなければ、応募してた。

 

 

ボクシング素人の挑戦者たちにもそれぞれ拍手を送りたい。

おもしろい余興をありがとう。

立ち向かっていく姿には感動すら覚えた。

ホストだって、1Rで負けたけど、この試合を機に世の中の見方が変わってくれることを願う。

youtuberだって、ただの宣伝かと思ったけど、彼もエンターテイナーとしては立派やと思う。

教師だって、パンチの打ち方からしてケンカ慣れしてない感じやったけど、素敵な考えをもった教師やと伝わった。

元暴走族だって、どうやったらおもしろくなるかを調印式のときから考えてたと思う。

何度打たれても倒れない姿はかっこよかったけど、全身刺青=かっこいいって印象だけは避けたいよな。

 

いざ、実際戦ってみれば、ボクシングもプロと素人の差は大きかったと言っていた。

まぁ、当たり前やろうけどな。

どんな仕事でもプロと素人は差があるねんから、ボクシングも例外ではないと思う。

井の中の蛙とは言ったものだが、大海を知ったこれからが楽しいと思うな。

対戦後のすがすがしい笑顔を見たら、これからの人生を応援したくなった。

 

何度も言いますが、今回の企画はエンターテインメントです。

エンターテインメントには小道具はあります。

もしかしたら小細工もあるかもしれない。

ただ、あの企画はショーです。

ショーとしては、注目度も高かったし、おもしろかったし、よかったと思う。

 

なかなかやるな。サイバーエージェント。

 

おもしろい

きかくで

なかなか

めんつもよかった

ぐっとくるシーンもあり

みてよかった。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す