投資の利益は我慢代。

 

 

投資ではポジションを取った瞬間にマイナスになることが多々ある。

そのままずっとマイナス圏をうろうろしていることも多々ある。

株主優待や配当が出るなら、含み損でもそれらをもらえば少し得した気分になる。

 

現物取引では、含み損は確定していない損なので、手元のお金が減るわけではない。

だが、信用取引の場合はどうやろうか。

含み損は保証金と言う手元に最低限ないといけないお金にも影響を与えてくる。

それがひどくなった状態が追証と言われる状態。

 

信用取引もやるんでね、追証経験したことあるよ。

もうあのときは冷や汗出るね。

 

信用取引をするときに必要なことは十分な余力なのかもしれない。

余力さえ十分にあれば、含み損でも退場にまでならへん。

それに相場は常に動いているので、もしかしたらポジションを取った位置に数字が戻ってくるかもしれない。

損切りが遅ければ、耐え抜く我慢も必要になるかもしれない。

 

十分な余力を持つためにも、無理な取引はしない。

例えば、軍資金が少ないなら先物はやらずにCFDだとか。

先物もmini先物をやったりだとか。

信用取引はギャンブルに近いものがあるので、注意が必要。

 

 

スポンサーリンク


 

本日、CFDの取引きはお休みしました。

バーチャルでやったら、やっぱりまたマイナスになりました。

調子悪すぎ。

口座のお金を株口座に移して、株の取引きをしようかな。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す