世帯平均貯蓄額1,805万円。

 

 

先日、世帯あたりの平均貯蓄額のニュースを見て衝撃を受けた。

発表では、2人以上の世帯の平均貯蓄額は1,805万円。

 

呆然とするとはこのことか・・・というくらいの虚脱感。

誰がどこにそんなに貯めこんでいるんやろうか。

 

身近な人ではたぶんいない。

いや、身近な人ほど言えないのかもしれない。

拝見している株式投資ブログの方々なら持ってる人も多いと思う。

その人たちがもしリアルで知り合いなら、「そんなに持ってない」と言われるかもしれない。

実生活する中で、貯蓄額が多い人を見つけるのは難しそうや。

 

実際、この数字はあくまで平均であって、ほとんどの人は残念ながら平均には達していない。

一部の富裕層が平均を押し上げているので、参考にもなんにもならない。

 

 

スポンサーリンク


 

ただ、「平均世帯貯蓄額が1,800万円ですよ」って言われたときにそれを目指そうという気持ちは捨てていない。

勤労所得では少しでも多くの給与をもらえるために働き、少しでも多くのお小遣いをもらい、それを貯める。

そのお金を元手に、株式投資などで資産を増やしていく。

手段を知っている俺は、1,800万円に近づけている気がする。

 

30代の平均貯蓄額は700万円に行かないくらい。

うん、全然足りないね。

でもでも、1,800万円よりは平均には行けそうじゃない?

30代を残すところ、あと6年。

 

なんだか行けそうな気がする~~~~。

 

あると思います。

 

 

さて、本日のCFDもお休みしてます。

口座残高30万円まで残り・・・225,440円です。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す