バッティングセンターに連れて行ったの巻。

 

 

車で20~30分のところにあるバッティングセンターに小太郎を連れて行って来た。

うちから近いところに3か所ほどあるのだが、それぞれ同じくらいの時間の距離。

なんとなく選んだ今回行ったバッティングセンターは行くのは実は2度目になる。

 

 

朝練をやるようになる前に1度、この場所に向かったことがあったのだが、特に調べもせずに行ったら・・・

 

定休日。

 

キタコレ。

 

俺らの行くところは休み率が高いねんな。

小太郎が小さい頃、動物園に連れて行ったことがあったが、そのときも臨時休業ってことがあったしな。

でも、「行くところが休み」って話はたまに聞くからあるある話でもあるんかな。

 

人の記憶ってイヤなこと・悪いことの方が印象に残りやすいので、休みやったことは割といつまでも覚えてるだけなのかもしれんけどな。

 

 

で、今回はちゃんと定休日じゃないことをネットで調べてから行ってきましたよ。

なかなか年季の入ったバッティングセンター。

小太郎は人生で初体験。

バッティングのフォームは褒められてる小太郎。

だが、飛んでくる球に反応しない(振らない)、振っても当たらない。

体重がそこそこある体型なので、ボールが当たると飛ぶとは言われているが・・・。

当たらないんですわ。

おそらく、「自信」の不足やと思う。

俺は打てる!という強い気持ちを持たせることが必要やと思いバッティングセンターに連れていくことにしたのだ。

人生初のバッティングセンターで小太郎はそのセンターで一番遅い70キロの送球にチャレンジした。

 

コツをつかむまでほんの数球。

そのあとはちゃんとボールを打つことができている。

70キロなら楽勝やな。

次は80キロに挑戦。

うん、見えてる見えてる。

そして90キロにも挑戦した。

打ててるやん。

 

 
スポンサーリンク


 

 

俺は小太郎のソフトの練習を見に行ったことはなく、嫁からの話しか聞いていない。

振らない・当たらないと聞いていたので、全然打たれへんと勝手に想像してた。

だが、ちゃんとボールを打ち返す小太郎。

その姿は想像していなかったので、いい意味で期待を裏切ってくれた。

 

あれ・・・球がかすんで見える・・・グスン。

 

 

バッティングセンターとソフトボールの違いはあるはず。

まず、ほぼストライクしか投げてこないバッティングセンターの球と人間が投げる球は違う。

そして距離。

バッティングセンターでは打つ場所に届くまでの距離が長いが、ソフトボールは短い。

体感的にソフトボールの方が球が速く感じる。

その違いを克服できるかどうかは小太郎にかかっている。

少なからず、「打てる」というイメージを残せたので、ソフトボールでも打つことに挑戦してくれると思っている。

そこでまた打つことができれば、自信につながっていくはず。

 

それほど遠くない距離なので、また連れて行くことにしよう。

決してプロを目指させてるわけではないけれども、何かを一生懸命やることを教えるにもスポーツはええんやな。

俺には経験がないことだが、小太郎と一緒にできることに嬉しさを感じる親心でした。

 

ちなみに・・・俺もバッティングには挑戦したので、明日また書きます。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す