週末の小太郎と過ごす時間。

 

 

今日も小太郎との時間を楽しむ。

 

遅めに起きた朝、小太郎はすでに起きていて勉強中やった。

「お父さんと遊ぶためにがんばってるよ」と嫁が言う。

 

俺が仕事が休みで、小太郎が学校が休みという日はあまりない。

俺の仕事の休みは不定休で、平日休みも多く、未就学の時期には都合がよかった。

平日ならどこ行ってもだいたい空いてたしな。

 

今、平日は小太郎が学校なので、昼間に遊ぶにもいない。

夕方遊ぶにも、学校の友だちと遊ぶことを優先している。

そんな一緒にいる時間が少なくなっても、少しでも俺と遊ぶことを楽しみにしてくれている小太郎。

「オヤジなんか、もういいよ」と言われるまであと2、3年なんやろうな。

 

 

小太郎の勉強が終わり、家の周辺の草むしりを一緒にした。

狭小住宅で庭はないが、うちの敷地付近に草やコケが生えてるとやはり気になる。

家周辺を草むしりするだけでぜいぜいなってるので、庭があったら大変かも。

庭の全部にコンクリートを流し込むことになりそうやな。

家に残ってた除草剤を撒き終了。

 

小太郎はずっとしゃべってたので、俺の5分の1くらいの草しか取ってへんけどな。

まぁ、それは怒らずに話を聞いておいてあげないとね。

 

そのあと、公園にキャッチボールに行って来た。

朝練を始めてから、ボールのキャッチが本当に上手になった。

ボールに対する恐怖心も薄れてきたおかげでもあるんやろうな。

恐怖心が薄れてきたから、ボールに恐れずに向かっていってキャッチできるって感じなんかな。

ボールから顔をそむけずにちゃんと見てるしな。

 

俺の素人目で見ても上手になってると感じるから、ソフトの監督たちにも評価されるかな。

 

 

いつもと変わらないように見える休日。

いつもと変わらないように見えるキャッチボール。

いつもと変わらないように見える俺と小太郎。

 

同じように過ごしているようでいつもとは違う。

キャッチボールがうまくなったり、しゃべることが大人っぽくなってたり。

俺は父として、小太郎は人として成長していってることを感じる。

振り返って文章に残すことで改めてそれを感じる。

 

小太郎の記憶にも、この思い出は残っていてくれるかな。

 

いつもと変わらないように感じる家族への思い。

日に日に「大事にしないといけない気持ち」は強くなっていってる。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す