焼肉焼いても家焼くな。

 

 

小太郎が習っているスイミングスクールで2か月に1回、昇級試験がある。

 

運動が得意ではない小太郎は、平泳ぎの昇級試験に落ち続けた。

落ちること3回。

4回目でやっと合格することができた。

 

2か月に1回のテストなので、4回目ということで実に10か月の期間を要した。

月謝の金額を聞くと意識が飛んでしまいそうなので、嫁からは聞かないでおこう。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

昇級試験に合格すると、小太郎の希望するものを外食することになっている。

まぁ、ご褒美ですな。

最初はスーパーのアイスとか不二家のケーキとかやってんけど、いつの間にかグレードアップしており、今は外食がご褒美となっております。

 

それで本人がやる気がでるなら、ええかなって思ってる。

 

今回、小太郎が希望したのは・・・焼肉屋さん。

チェーン店です。

その焼肉屋さんには綿菓子を作る機械があって、自分で作ることができる。

小太郎はそれが大好きで、そこに行きたがる。

 

どうせ同じ金額払うなら、ちゃんとした焼肉屋さんに行こうって誘ってんけどな。

チェーン店の焼き肉屋さんがちゃんとしてないってわけじゃないで。

チェーン店のお肉はゴムみたいな触感のところもあるけどな。

 

食べ放題の焼き肉屋やねんけど、小太郎はそんなに食われへんくせに。

綿菓子を作るためにだけ行くようなもんやで。

 

 

 

 

 

小太郎が楽しんでくれてるようで、まぁよかった。

 

でも、小太郎よ。

それ、トングの使い方が逆やと思うよ。

 

焼き始めの写真しか撮っておらず、綿菓子を作ってるところすら写真に残していない状態。

 

将来、振り返ったときに写真があると、より懐かしく思うことができるのに。

 

 

 

10か月ぶりのご褒美なので、2か月に1回テストに合格されることを考えれば安くあがったか?

月謝の経費を考えたら、むしろマイナスちゃうんか?

次のテストはバタフライ。

運動オンチの小太郎ができるとは思われへんねんけど。

次のご褒美の外食は何か月後になるやろな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す