〈1976〉明星工業より株主優待が到着。

 

 

〈1976〉明星工業より株主優待が到着した。

 

 

 

 

封筒の中身は確か・・・JCBのギフトカードやったと思う。

金額は封筒に書いてある通り1,000円。

 

2年以上の保有で、500株持っていれば2,000円分もらえるということらしい。

う~ん。

2年未満は500株でも1,000円やねんし、2年以上でも500株で2,000円なんやったら、2名義で100株ずつ保有するけどな。

 

そんなこんなで、明星工業さんとは2年以上のお付き合いになるんですけどね。

ずっと100株ホルダーですが、今後ともよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク


 

 

さて、株主優待の封筒の中身がはっきりとわからない理由なんですが、理由は簡単。

 

中身を見ないから。

 

封筒にのり付けされている状態になっているので、そのまま嫁に上納。

クオカードならパカパカと見開けるカードになってるけど、封筒タイプは開けたらわかるしな。

もともと嫁にプレゼントするつもりの株主優待やけど、のり付けされた封筒が開けられた痕跡があったら、プレゼントとしての価値が下がってしまうんじゃないかという俺の考え。

もしこれが、のり付けされてなかったら中身見てもええと思うけど、のり付けされているのがポイントやねんな。

 

わかるかな、この微妙な違い。

はい、めんどくさい男ですよ、わたくし。

 

 

封筒は嫁に上納しました。

喜んでくれてよかった。

 

嫁の喜ぶ顔、喜ぶ声、喜ぶ表情。

あぁ・・・やっぱ俺、嫁のこと大好きや。

 

優待紹介が結局のろけになってしまった。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す