〈3205〉ダイドーリミテッドより株主優待が到着。

 

 

先日、配当金が到着した〈3205〉ダイドーリミテッドより今度は株主優待が到着した。

 

 

 

 

自社関連会社「ニューヨーカー」の商品が送られてくる。

去年に続き、2度目の取得となるが、今回は今治タオルやった。

どうやら、この毎年株主優待の商品の内容が違うみたい。

去年はトートバッグが送られてきており、マチがおおきくて使いやすいので今でも愛用しております。

 

100株と1,000株で優待の内容が違うのだが、「1,000株はやっぱええな~」って思う優待品もあるけど、100株でええな~って思うときもある。

究極の選択になるけど、今回は100株でええなって思った。

ちなみに1,000株はファスナーウォレット。

理想は100株と1,000株の2名義を持つことやねんけどな。

 

株価は400円ちょっとなので、1,000株となると40万ちょい必要になるから、うちにはまだまだ先の話になるけどな。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

ダイドーリミテッドのホームページによると、100株の株主優待は4,500円相当品と記載がある。

この・・・タオルが・・・4,500円ですか・・・。

俺にまだまだ理解のできない世界があるのやと思い知らされた。

 

普段使ってるのは安いタオルで、タオルにそこまでのお金をかけてない。

今治タオルを意識して使ったことはないので、これを使うともしかしたら俺にとって人生で初の今治タオルの使用になるかもしれん。

俺のためじゃなくて、嫁のためなので使うのは嫁やと思ってるけどな。

 

タオルの優待品ってどうなんやろう。嫁は喜ぶかな。って思いながらいつも通り嫁に優待品を上納した。

タオルを見た嫁はめちゃ喜んでた。

 

「このタオルハンカチなら司も使えるね」って嫁が言う。

いやいや、こんな白いタオルで俺の顔や手を拭いたら、一瞬で真っ黒になってまうで。

嫁のために取得した株主優待なんで、嫁に使ってほしいものやで。

 

「箱にキレイに入ってて、なんだか使うのがもったいないね」と嫁。

貧乏性の我が夫婦なので、そう思ってしまう部分も確かにあるねんけどな。

 

 

昔、おじいちゃんおばあちゃんの家に夏休みに遊びに行ったときに、物置部屋があり、そこに頂き物がいっぱい置いてあった。その中には食器や箱に入ったタオルもあった。

実家に帰る際、その頂き物をもらって帰ってたことを思い出した。

 

 

現在、今回の株主優待品は箱に入ったまま寝室に置かれている。

このままクローゼットの奥に眠らんことを祈る。

 

 

普段の買い物を少しでもお得に・・・って感じの株主優待の取得が今までは多かったけど、日用品の優待もええな。

想像してた以上に嫁が喜んでくれてる。

 

DCMの株主優待のときにも思ったのだが、男目線の商品価値と女目線の商品価値は異なるねんな。

 

日用品が優待品としてもらえる銘柄も少し探してみようかな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す