もうすぐマイホームに入居して3年。

 

 

マイホームを購入して、もうすぐ3年になる。

 

ローンの審査が通ったときに、先に住民票を移したため転入日は融資日よりも先になるねんけどな。

 

 

東京に家を買うなんて、大阪から出てきたときには思いもしなかった。

家と言っても、狭小住宅と言われるタイプの住宅で、庭はないけどね。

俺の理想はね、庭一面に白石敷き詰めて、小さい池があって、鯉を飼ってて、休日は鯉に餌を撒くことやった。

理想から比べると全然かけ離れてるが、それでもがんばって購入した家なんで大事にしたい。

 

 

スポンサーリンク


 

 

なんでこんなことを思い出したかというと、「ローンご明細書」を見つけたから。

ローンご明細書とは、毎月いくら返済して元本割り当て分がいくらで利息はいくらで残高がいくらになっていきますよっていう案内みたいなもの。

融資残高を見て切なくなりますけどね。

どんだけの利息を払うことになるんやろうって。

 

もともとの考えは持ち家よりも賃貸派やってんけど、嫁が「欲しい」って言ったらがんばるしかないやん。

それに住宅ローンって団体信用生命保険、いわゆる「団信」というものに加入させられる。

簡単に言えば、俺が死んだら住宅ローンはチャラになる。

そのまま住宅を資産として相続できるという話。

 

仲が悪い夫婦なんかは「旦那が早く・・・」なんて思う場合もあるみたいやけど、うちは幸い今のところ大丈夫そう。

 

 

我が家では住宅ローンと諸費用ローンとフルローンで家を購入した。

住宅ローンは団信に加入しているが、諸費用ローンは団信はない。

ということは、俺が死んだ場合、住宅ローンはチャラになるけど、諸費用ローンは残ってしまう。

諸費用ローンの方もバカにならん金額なんでね。

2、3か月に1度は繰り上げ返済している。

ただし、諸費用ローンの方だけね。

住宅ローンの方は今のところ繰り上げ返済せぇへんよ。

ローン完済までに死ぬ可能性もあるねんから、死んだらなくなるローンを必死に繰り上げ返済するのはもったいない。

 

諸費用ローンを完済したら、毎月その分は貯めておく。

俺が死んだときに、住宅とその分の貯金が相続できるという考え。

 

まぁ、世の中そんなにうまくいけへんかもしれんけどな。

体のあちこちが悪いのに、無駄に長生きしてしまったりして。

 

持ち家は10年ごとくらいにメンテナンスも必要になるし、その都度新規で費用を借りてるかもしれんしな。

 

ちなみに、諸費用ローンの繰り上げ返済は50か月分で、残りは370か月あります。

ん・・・

まだ31年もあるんかいな。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す