大阪造幣局に行って来た。

 

 

大阪上陸。

ということで、小太郎の夏休みの自由研究を兼ねて造幣局へ行って来た。

 

しかーし、造幣局の工場見学は予約制になっていた。

定員に空きがある場合は予約なしでも入れる場合もあるのだが、夏休み期間ということもあり見学者が多数のため空きはおまへんでした。

しかたがないので、造幣局の敷地内にある「造幣博物館」で見学することにした。

 

 

一緒におるクソガキは、俺の妹の息子。

大きい方がうちの息子です。

見学するために筆箱持参でございます。

 

 

スポンサーリンク


 

今回、造幣局に連れていったのは、夏休みの自由研究を兼ねている。

去年まで夏休みの自由研究は工作をやっていて、工作嫌いな俺も手伝ったおかげで、嫁と俺との仲が一瞬険悪になる状態になってしまうこともあった。

そのため、工作ではない自由研究をやらせたかったし、お金のことを学ぶことはええことやと思う。

 

小学校高学年か中学校の自由研究で「株式投資について」をやらせようと思っていて、そのとき小太郎は株デビューすることになるんやろうと俺は願っている。

そのときのための資金は準備済みでやろうと思えばいつでもできる状態やねんけどな。

まず、段階を踏むうえで、お金の起源を知っておかないとあかんしな。

 

工場見学はできなかったけど、造幣博物館は無料で見学可能。

俺個人的にもなかなか面白かった。

また機会があれば、工場の方も見学に行きたいな。

 

 

ちいさな売店があり、立ち寄った。

記念硬貨や造幣局の技術で作る工作品が販売されていた。

そのなかに、干支のしおりというものを発見。

 

一目惚れってやつですな。

 

 

 

俺が「巳」で小太郎が「辰」。

金が1,200円で、シルバーが600円。

二人とも干支に関係ないものを購入。

絵柄に惹かれてしまいました。

おそらく、これを見る嫁には引かれてしまうかもしれません。

 

お金の見学に行き、お金の無駄遣いをしてきてしまったかもしれない。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す