嫁のストレス。

 

 

嫁が働くことを決めてから、1か月が経過しようとしている。

出勤ベースでは半月通ってないくらいかな。

 

嫁が配属された部署にイヤな正社員がいるらしい。

嫁がパートで働いた日の夜、いつもその人にされた愚痴をこぼす。

もともと働くことを決めたきっかけの希望する部署に配属されず、しかもそこにはイヤな社員がいる。

嫁がどんなに悔しい思いをして働いているのか。

どんなにストレスをかかえて働いてるのか。

話を聞くと感じ取れる。

聞けば聞くほど、俺が悔しい気持ちになる。

「俺の嫁をぞんざいに扱いやがって・・・。」

 

嫁は負けず嫌いの性格の持ち主。

今、辞めたら負けた気がする。

今、辞めたら仕事が覚えられなくて逃げたように思われる。

そういう風に嫁は言う。

 

 

確かにその気持ちもわかる。

俺も同じく負けず嫌いなんでね。

でも、嫁の収入を生活費に組み入れていないのでいつでも辞めてもいいよと嫁には言った。

 

今、嫁は必死にマニュアルを読んで仕事のことを覚えようとしている。

嫁のパートは半年契約での雇用契約となっている。

十分使える人材になって、「優秀な人材を失った」と思わせてやる。

そう意気込んでます。

 

うちの嫁・・・がんばってるな。

俺にはグチを聞くくらいしかできひんけど、いつでも辞めてもええねんからな。

 

 

 

スポンサーリンク


 

最近、小学生の間で流行っているらしい「ハンドスピナー」というおもちゃ。

小太郎も流行りに乗っかって2つ保有しております。

 

 

 

 

本体の中心部分を指の腹でつまみ、ただただ回転させるだけのおもちゃ。

俺には理解できません。

ハンドスピナーを回転させながら小太郎は言う。

「なんだか見つめてるとイヤなことが忘れられる」って。

 

水槽の中を優雅に泳ぐ魚を見つめながら言うセリフや、それ。

 

しかも、小太郎のまだ短い人生で忘れたくなるほどのイヤなことあんのかい。

俺が小学生の頃はアホやったから、そこまで考えてへんかったけど、今の子たちがおませさんなんですかね。

 

ハンドスピナーにストレス軽減させる効果があるのなら、嫁にも1つ買ってあげよかな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す