ふるさと納税のお礼状の内容について。

 

 

高知県東洋町よりふるさと納税の返礼品が届いた。

 

町や村の名前は読み方が複雑で読めないものもたまにあるが、ここは「とうようちょう」とそのままの読み方でわかりやすいね。

 

 

返礼品にお礼状が添えられていて、こんな言葉が書かれていた。

 

「東洋町への温かい思いに、心より感謝申し上げます。」

 

スポンサーリンク


 

あ・・・ごめんなさい。

返礼品目当てでした。

 

文面はコピーなので、寄付者全員に同じ内容のお礼状を添付しているのが想像できる。

本当に温かい思いで寄付する人と、俺のように返礼品や節税目的で寄付する人とでは文面が違ってもいいと思う。

まぁ、判別は難しいけどな。

ネットから申し込む際にチェック項目があればええと思うねんけどな。

 

☐ 町や村の取り組みに賛同・協力して寄付する 

☐ 特産品に惹かれて寄付する

 

みたいな。

特産品に惹かれてと、オブラートに包んだ言い方をすれば返礼品目当てであったとしてもチェックしやすいんちゃうかな。

そういった方々へのお礼状として、

「〇〇町の特産品を通じて、わたしたちの町を知っていただき・・・」みたいなこと書けば問題ないとは思うけどな。

 

まぁ、文面を分けることも手間と言えば手間やろうし、返礼品目当ての人はそこまで深くお礼状に書かれてる内容について考えないであろうという判断なのか?

 

( ゚Д゚) 悪意あるな・・・おい・・・

 

スポンサーリンク


 

さて、今回いただいた返礼品は「あんこう」でした。

あんこう初体験の俺と嫁。

2人で初めてのことを一緒にするのは今でも嬉しいと思う結婚10年の新婚です。

 

あんこうを使って、あんこう鍋にしてみた。

スープは味噌ベースで俺が作ってみた。

ネットにもレシピが載ってる時代なので、困ることはないね。

便利な世の中になったもんやな。

 

冷凍されたあんこうを溶かしてみると、すご~く生臭い。

これ、マジ食えるの?って思うくらい。

初めて食べてみようと思った人には何の食材でも言えることやけど、尊敬するわ。

あんこうを食べる際のアドバイスで、

30秒ほど熱湯にくぐらせる。

これだけで驚くほど臭みが消える。

くぐらせたお湯の方は臭くなるけどね。

カニの殻をしばらく放置してたような臭いがかなり強く感じられる。

 

その後、味噌ベースの鍋にドボン。

しばらく煮たらできあがり。

 

肝心のお味は・・・

ちょーうまい。

味噌ベースなので、見た目はあまりキレイではないけどな。

 

タラに似た味で、皮付近がプルプルした感じ。

コラーゲンがありそうと言えばありそうやけど、口から摂取して美容に効果があるかどうかは知らんけどな。

あと、骨が太めなのがちょこちょこあるので注意が必要。

 

今回は初めてやったからあんこうだけで鍋をしたけど、あんこうが他の食材に影響することはなさそうなので、次回やるときは他の海鮮食材も入れてみようと思う。

 

俺が作ったスープがおいしかったのか、あんこうがおいしかったのか。

答えはわかりませんが、来年もリピートしてみようと思った。

 

高知県東洋町の皆様、ありがとうございました。

 

 

高知県に寄付したのは実は初めてではなかった。

1回目の「からすみ」がこちら

2回目の「鰹とウツボ」がこちら

3回目の「ウチワエビ」がこちら

ウチワエビをもらったところと同じ町なのを今頃気付く俺でした。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す