インフレの始まりになるのかもしれない。

 

 

ヤマト運輸は来月から宅急便運賃の値段をあげることを発表している。

クロネコメンバーズポイントの廃止や運賃の値上げ。

 

私たち素人が見たら、未払いの残業代を支払った分をどうにか回収しようとしか見えない。

上層部の報酬を数か月カットしただけで、国民の支持を得られたと思ってるのが恐ろしいところだ。

過去の決算は粉飾やったということやのに、減給だけで済んでええのかい。

 

 

スポンサーリンク


 

ヤマト運輸が宅急便を始めて、翌日配達が始まったと見たことがある。

翌日に荷物が届くことが当たり前の社会を、ヤマト運輸が作ったと言っても過言ではない。

それまではいつ荷物が届くかわからない状態だった。

だが、翌日に荷物が届くということは、荷物が到着した日に作業すれば、中一日で製品が完成する可能性がある。

大事な書類も、翌日届けば、その翌日には返送されたものが手元にある可能性もある。

翌日届く荷物の量がわかっていれば、バイトの人員を用意しておくことも可能。

物流というものは、世の中を動かしているのがよくわかる。

翌日配達を可能にしたヤマト運輸が世の中を忙しくさせたと言っても言い。

 

 

送り主のわがままや、受取人のわがままをヤマト運輸のドライバーさんたちは背負ってきた。

限界を超えてしまった今、値上げに踏み切ったのが流れだろう。

 

タイミング悪く、未払い残業代の話があったので、回収しようとしている疑惑の目が向けられてしまうのは仕方がないな。

 

 

宅配業者大手のヤマト運輸の値上げ。

ドライバーさんたちに負担がかかっているのはヤマト運輸だけではないだろう。

佐川、郵政が続いて値上げを行ってくるだろう。

一部、値上げを発表している商品もあるしな。

 

宅配業界の物量が減り、ドライバーさんたちの負担は減るかもしれない。

でも、給料はあがるのか?

取り扱う荷物が減り、減収増益になるだろうが、給料に反映するのか?

宅配業者を利用している会社が輸送費の増加により、社員給料が減らされる可能性は?

小さい商店なんかは「送料お客様負担」で客を逃すことになってないだろうか?

 

輸送費が全体的にあがるということは、1つ1つにかかるコストが増加するということ。

ということは、商品1つに対しての値段があがっていくということにならないだろうか。

 

 

商品の値段はあがるが、給料が下がっていく流れになると消費は進むわけないわな。

 

まぁ、俺が心配するようなことにはならんように考えてくれてるんやろうけどな。

俺は給料が下がらんことを祈るわ。

ロットで仕入れができる通販会社だけが生き残り、安く買うためにネット通販を利用して宅配業者の負担が増加するって流れになると、これ以上はどうすることもできひんからな。

 

物体の瞬間移動が可能になれば、世の中は劇的に変わるやろうけどな。

 

 

誰か俺と共同開発せぇへん?

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す