嫁の2度目の給料日。

 

 

嫁がパートの給与明細を持って帰ってきた。

 

嫁の働くところのパートのお給料は10日。

10日が日曜日なので、実際には金曜日の8日には振り込まれていたようや。

 

 

嫁が働く場所の給与明細は、はがきくらいの大きさに横開きのタイプ。

年金定期便や株式分割の通知書をイメージしてもらえばわかりやすいかな。

 

横開きのタイプなので、そのまま角から開いていけばいいだけ。

それなのに、開け方を失敗して、開けてはいけない方向からはがしてしまっている嫁。

その天然っぷりは俺の大好きなところの1つです。

 

今回で2度目の給料となる。

契約で労働時間が決まっているため、契約通りに働けば毎月の金額にほぼ差がない。

扶養の範囲内での働きなので、だいたい月に8万円くらいになる。

 

 

スポンサーリンク


 

月8万。

金額としては大きい数字。

でもその背景には朝のバタバタやったり、通勤の時間やったり、小太郎の面倒をみれなかったり、休みが俺と合わずになかなか一緒に過ごすことができなかったり。

それ以外にも、専業主婦の頃にはなかった人との係わりからうまれるストレスや思うほどに家事がすすまないストレスもあるやろう。

 

8万円の対価としては嫁は納得してるのかな。

 

嫁が給料を何に使おうか考えてる様子も、これまたかわいいんですわ。

「電動自転車が欲しいけど、足腰が弱くなったらいけないから普通の自転車にしようかな。」

 

俺の給料で満足に買い物させてあげられなくてごめんやで。

 

 

俺なら・・・株買うけどな。

 

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

コメントを残す