子どもの運動会で改めてした決意。

 

 

土曜日は息子、小太郎の運動会が行われた。

 

運動会の日程が決まっていた当初、職場でトラブルがあったために仕事を休むことができず、出勤の予定になっていた。

一応、立場ある役割を任されてるのでしょうがない。

息子に「お父さん、運動会見に行かれへんかも」と言ったとき、息子は「お父さんが来れないんだったら、オレも運動会休む!」と言ってくれてた。

気持ちは嬉しいけど、それはアカンよな(笑)

 

小太郎が小さいときから、育児に積極的に係わってきたつもりではいる。

嫁が高齢出産だったことと、4度目の帝王切開だったことで小太郎が俺らの最後の子と思ってたからな。

そのため、今回の運動会を見に行けないことはとても残念やと思ってた。

 

いろんなところに頼み込んだ結果、運動会当日の職場での俺の穴をフォローしてもらえることになった。

運動会を見に行くことができるようになったということ。

嬉しかったな。

 

小太郎に「お父さん、運動会見に行けるよ。」って言ったときの嬉しそうな表情も嬉しかった。

 

 

スポンサーリンク


 

運動会当日。

うちの学校は場所取りをするほど人数が多くはないので、9時スタートで8時45分に学校に到着。

弁当を食べるためのスペースの場所取りだけして、後は立ち見。

入場行進からほとんど立って見てた。

ちなみに入場行進だけで泣きそうになったのはここだけの話ね。

 

小太郎の学年はソーラン節を踊っていた。

なんかね、思い出しただけでウルウルしてまうねんけどな。

がんばってやってるな~っていうのがわかる踊りをしてた。

 

来年は5年生やけど、うちの学校は5年6年が組体操をやる。

ということで来年は組体操。

難易度が高い技は危険性が高いためか封印されつつある組体操やけどな。

それでも、グッとくるものはあるよな。

来年はまだ大丈夫やろうな。

問題は再来年。ハンカチ持参、間違いないやろうな。

 

 

子どもの前で泣く姿を見せるのは幼稚園の卒園式以来ない。

小学校の卒業式の前に、再来年の組体操で涙を見せるかもしれんな。

 

 

ちなみに徒競走は4人中4位でした。

ご褒美に任天堂スイッチと大きな賭けに出たけど、順位決まってほっとした最低な親です。

 

小学校での運動会の姿を見ることができるのは後2回。

運動会だけに限らず、日々成長している小太郎。

ところどころで、その成長を感じてるよ。

小太郎が俺の前から飛び立つまで、その成長を見届ける。

育児にはこれからも積極的に係わっていくで。

俺と嫁との最後の子どもやねんからな。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

 

 

コメントを残す