手をつなぐことよりも迷子になることを選択する息子。

 

 

土曜日にルミネtheよしもとに行く際、電車で新宿まで行った。

土曜日とは言え、電車も駅も結構混んでた。

 

どんなに混んでても、もう息子は手をつないでくれない。

迷子にならんように手を差し出しても、つなぎかえしてくれることはなかった。

 

いつから外では手をつないでくれんようになったんやろ。

もう昨年の夏にはつないでくれなかったと記憶している。

「お父さんがダサいから、手をつなぎたくないんやろ。」

「お父さんの手が、おっさん臭いから手をつなぎたくないんやろ。」ってすねている俺。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

同年代の女の子の孫がおるねんけど、孫の方は照れずに手をつないできてくれる。

息子が手をつないでくれへん分、嬉しくてニヤニヤしそうになるのを隠して怪しく見えるかも。

俺と孫が手をつないでるのを息子が見ると、息子が嫉妬しているのがわかる。

息子もまだ、手をつなぎたい「気持ち」はあるんかな。

その気持ちよりも照れが上回ってしまってるんやもんな。

 

そうやって手をつなぐことがなくなって、いつの間にかどんどん手が大きくなって、そのうち俺より手がでかくなってくんやろなぁ。

そうこうしてるうちに孫も手をつないでくれへんようになるんやろなぁ。

 

 

子育てって寂しいことも多いよな・・・。

 

 

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す