休業補償が振り込まれました。

 

 

交通事故にあって、通院や具合が悪くて休んだ日が何日かあった。

会社からは病欠を利用するようにと言われ、病欠で休んだ。

 

事故で休んだ日と通院のために休んだ日は休業補償が申請できる。

休業補償の申請には、自分が勤める会社の印と申請書と昨年の源泉徴収票が必要になる。

休んだ日と事故前直近三ヶ月の給料の証明を会社印とともにしてもらう。

事故前直近三ヶ月の賃金を日数で割ったのが平均賃金になる。

税金を引かれる前に金額で計算するみたい。

例えば、直近三ヶ月の収入が90万で三ヶ月が90日としたら一日一万円が平均賃金になる。

俺の平均賃金を言うと、うちの収入がバレてしまうので言えませんけどね~。

休業補償が振り込んだとハガキが届いた。

 

 

スポンサーリンク


 

 

給料の差額分として、嫁に上納します。

これで今月乗り切れるかな。

今回、事故してわかったのだが、休業補償はあくまで事故前三ヶ月の平均賃金。

事故にあう直近が閑散期や労働時間の調整などで給料が少ない時期にかぶってたら、当たり前やけどその分平均賃金は下がる。

 

それと不労所得は休業補償されない。

株の収入で1000万の源泉が出せても、休業補償の対象にならない。

あくまで勤労所得のみが対象。

万が一、事故にあったときのために法人化してればええのかも。

まぁ、交通事故にあえへんにこしたことないけどな。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

コメントを残す