ふるさと納税は考え方が大事。

 

 

逆年の差夫婦の夫・司が利用している「ふるさと納税」。

その「ふるさと納税」の返礼日が北海道古平町から届いた。

 

目次

  1. 俺が考えるふるさと納税とは?
  2. 俺のふるさと納税の考え方
  3. 北海道古平町からいただいたもの

 

 

俺が考えるふるさと納税とは?

 

ふるさと納税とは自治体に寄付して、その町や村を応援することが本来の目的の制度である。

寄付をしたお礼に地元の名産品を寄付のお返しとしていただける場所もある。

その返礼品が目当てで「ふるさと納税」の制度を利用している俺。

 

返礼品がいただけるだけではなく、税金の控除も受けることができる。

年間寄付額の2,000円を超える部分は、税金が戻ってくる。

ふるさと納税」は実質2,000円の負担で、返礼品がいただける美味しい制度なのだ。

 

年収で税金の控除が受けられる金額の上限はあるものの、普通に働いて税金を納めている人なら「ふるさと納税」の恩恵を受けられるチャンスはあるので、1度シュミレーションをしてみることをオススメする。



 

俺のふるさと納税の考え方

 

ふるさと納税の制度を利用して、寄付をすれば、実質2,000円の負担でおいしいものがいただけ、それに加えて寄付した分が税金から戻ってくる。

税金が戻ってくると言っても、一部を所得税から還付してもらい、残りを住民税から控除される。

元々納める予定だった住民税から、寄付して還付されていない分を引いてくれるわけ。

はっきり言って、戻ってくる実感はかな~~~~り薄い。

 

俺個人のふるさと納税の考え方は、

税金の前払いをすると前払い特典としておいしいものがいただける。

と考える。

システムを理解していないと、お得感は感じにくい制度であるとは思うけどね。

 

ふるさと納税を利用する理由は<<<ふるさと納税を利用して国産うなぎを食べる!>>>に書いてるます。


スポンサーリンク



 

北海道古平町からいただいたもの

 

では、実際に北海道古平町からいただいたものを紹介する。

寄付額は20,000円でいただいたものが

醤油いくら1キロ。たらこ1キロ。鮭トバ300グラム。味付け数の子500グラム。

 

 

写真わかりづらいな。

 

 

20,000円でこの量を買うわけじゃない。2,000円を超えた18,000円分の税金が戻ってくるのだ。

少々めんどくさい手続きはあるが、時給換算するとかなりお得な制度であるふるさと納税

 

まだやってないの?

 

 

▲目次にもどる

 

コメントを残す