小学4年生の貯金額。

 

 

小学生の貯金額ってどれくらいなんだろうか。

お小遣い制の小学生。

お手伝いをすれば、お駄賃をもらえる小学生。

お小遣いはもらわないが、欲しいものを言えば、その都度購入してもらえる小学生。

子どもへのお金の教育の仕方は、家族の数だけあるだろう。

 

この記事では、小学4年生の息子・小太郎の貯金額を公開する。

 

スポンサーリンク


 

目次

  1. 貯金通帳を眺めるのは俺の趣味だった
  2. 子ども名義の貯金通帳を作った理由
  3. 子ども名義の口座に入れるお金の捻出
  4. 子ども名義の口座の現在の残高
  5. 最後に

 

貯金通帳を眺めるのは俺の趣味だった

 

何を隠そう、俺の趣味は預金した通帳を眺めることだった。

高校生のときに新聞配達のバイトで毎月8万のバイト代の中から最低5万円を貯金をし、免許取得のお金や高校・大学の学費も全部自分の貯金からまかなかった。

働きながら大学に通った時期も毎月10万円は貯金すると自分に課していて、20歳までに100万円を貯めるという目標を掲げ、預金を楽しんでいた。

目標は達成することができ、あのときの達成感は今でも覚えている。

 

結婚してからは生活費は嫁にすべてを任せた。

当時は満足な給料をもらえておらず、小遣いも辞退していた。

結婚を機に趣味である通帳記入は一旦お休みとなった。

当時、小遣いを辞退してたとは言え、「何にもないのは可哀そう。」という嫁は1日100円の計算で月に3,000円を家計から捻出してくれた。

中学生の小遣いってこれくらい?(笑)

 

 

子ども名義の貯金通帳を作った理由

 

幼少期のことを<<<逆年の差夫婦の家族紹介。>>>で少しだけ書いているが、俺自身が幼少期にお金のことで苦労をしたので、小太郎に同じ思いをさせたくないという気持ちは強かった。

そのときはまだ株式投資を知らなかったので、郵便局や銀行に預けるだけの貯金・預金で小太郎にお金を残すことを考えた。

 

小太郎の名義でゆうちょ銀行に口座を作ったのが、平成20年4月。

 

 

小太郎が4か月のときに貯金口座を作ったことになる。

 

 

子ども名義の口座に入れるお金の捻出

 

 

俺が当時、小遣いとしてもらってた3,000円から最低1,000円を小太郎貯金にまわすことから、子ども名義貯金が始まった。

小太郎の貯金通帳を通じて、俺の趣味の通帳を眺めることが再開される。

 

平成24年に株式投資を知り、俺の隠し財産で取引を開始。

隠し財産があるからお小遣いを辞退できたということもあるが、家でアテにされていないお金。

株主優待はプレゼントとして嫁に。

受取配当金はすべて小太郎の貯金口座に。

株式投資開始以来、変わらずこれを実践していて、小太郎の口座にお金が溜まれば、俺の証券会社口座にお金を移し、株式を購入してまた配当は小太郎に・・・と繰り返していた。

最近は株高で株式購入をせずに小太郎の貯金口座に入金だけしていただけになってたけどね。

 

スポンサーリンク


 

子ども名義の口座の現在の残高

 

直近の小太郎の通帳がこちら↓↓↓

 

この後にお年玉を入金しているので、現在24万円もってることになる。

途中で小太郎のお金で購入した株式もあるので、小太郎の金融資産は50万円を超える。

 

( ゚Д゚) 小太郎・・・お金持ち・・・

 

小学生の貯金額がどれくらいが標準なのかはわからないが、

親が意識してやらないと貯まらないのは事実。

 

 

現在、小太郎名義の証券会社口座を開設申請中。



 

最後に

 

先日、小太郎にATMデビューをさせたのだが、そのときからお金に対しての意識が変化したように感じる。

家の貯金箱に入ってた小銭をお札に両替するように頼まれ、「このお札も貯金する。」と貯金することに楽しみを感じるようになった様子。

小銭もATMで預けられることを教えているが、お札で入れるのが楽しいのかな。

実際にお金に触れることはいい刺激、いい教育になったと思う。

 

小太郎のために貯めてるお金なので、ある程度の時期を見て小太郎に渡す。

それがいつなにかはまだ決めていないが、俺のようにお金で苦労はさせたくない。

ただ、苦労することで学ぶこともあるので、そのまま「はい」と渡すだけがいいことなのかどうか難しいところでもあるけどね。

小太郎にこのお金で株式投資を自分でやらせるっていうものありかもな。

 

学校などでの自己紹介で「趣味は貯金・預金通帳を眺めることです。」と言わないようにしっかりと教育しとかないとアカンな。

 

⇓小学生の息子の貯金で株式投資を始めた話はこちら⇓

 

▲目次にもどる

↓↓↓どれかひとつでも1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑クリックを忘れずに~^ー^

コメントを残す