初めてのバイト代や初任給、ボーナスの使い道。

 

 

4月25日には今年から働き始めた人が初めてお給料がもらえる日となる。

初めてのお給料、いわゆる初任給と言われるものである。

給料の支払い体系によっては5月に初任給となる会社もあるかもしれない。

 

初任給はもらえるまでがわくわくするものだが、明細を見てみるとがっかりするものでもある。

いろいろと引かれていくものが多く、手取り額はこんなものなのかと切ない気持ちになることも。

まぁ、それでも労働というものは生きていく中での選択肢となっていることもあり、
他の方法で収入を得られることができなければ、働き続けるしかないのも事実。

 

自分の時間を会社での労働時間に充て、対価として得られるお給料。

労働生活での楽しみの1つに給料の使い道を決めるということがある。

 

自分の初任給の使い道や初めてのボーナスの使い道を思い出してみた。

 




目次

  1. 初めてもらったバイト代で親にプレゼント
  2. 高校卒業後に初めてもらった給料の使い道
  3. 初めてもらったボーナスは自分へのご褒美
  4. 最後に

 

初めてもらったバイト代で親にプレゼント

 

初任給の定義に正規雇用の給与とあるが、まずは高校生のときのバイト代を思い出してみる。

 

俺は中学を卒業して高校に入学する前からバイトを始めた。

バイト先は母親が勤める新聞配達店で、朝刊の新聞配達をするというものだった。

高校では、進学を考えていたので、夕方は勉強時間が欲しかったため、
朝刊の新聞配達は自分には合っていた。

バイクの免許がなかったので、自転車で平場と団地の配達をしていた。

初めてもらったバイト代は5~6万円だった。

 

母の紹介で入ったバイトで、母のおかげで現金を手に入れられる。

そう考えて俺は、
初めてのバイト代で母が当時好きだったUCCの缶コーヒーを1箱購入しプレゼントした。

 

 

反抗期真っ盛りで両親のことはめちゃくちゃ嫌いやったけどね。

恩はきっちり返します。

 

スポンサーリンク


高校卒業後に初めてもらった給料の使い道

 

初めて正規社員として働き始めたのは、高校を卒業してすぐだった。

関西の某外国語大学に通いながら、学費を自分で払うために選んだ道だった。

初任給ははっきりとは覚えていないが、
額面で18万くらいでいろいろ引かれて手取りで11~12万だった。

引かれたものの中には、
会社が用意してくれた住む場所に住み、家賃補助をもらって家賃を引かれたり。

光熱費は会社持ちだった。

しかし、なぜか手元に一度も配達されたことがない新聞購読料を引かれてたのを覚えている。

 

さて、肝心の初任給の使い道は・・・

親元を離れて生活することで、親のありがたみを感じた俺は、
ささやかな恩返しにと、両親と兄弟たちをかに道楽に食事に招待した。

 

この頃には反抗期は終わっており、親とは距離を置いて生活することの大切さも学んだ。

 

 

初めてもらったボーナスは自分へのご褒美

 

働きながら大学に通い、奨学金も借りていたので初年度納付金は一括で払っていた。

翌年度の学費を貯めればいいだけの状態だが、毎月の給料は11~12万。

はっきり言って足りないが、この会社はボーナスがよかった。

その分、めちゃくちゃブラックですけどね!

今だったらアウトのオンパレードですけどね!

まぁ、それでも学業に融通をきかせてくれた部分が大きいので感謝しとります。

あの苦労があっての今やしな。

 

ボーナスは年2回でボーナス支給日まで籍があれば支給される。

2回分で手取りで80万くらいになり、それで学費の3分の2は賄える。

 

毎月のやりくりをし、来期の学費の見通しが立っていたので、
初ボーナスの一部を自分のために使うことにした。

 

自分のために買ったもの。

ずっと欲しいと思っていたもの。

 

 

今でも首にぶら下げている金のネックレス。

18金の喜平チェーン。

幅は4mmで長さが50cm。

 

 

やらし過ぎないデザインが気にいって購入した。

大阪で買ったので、もしかしたら偽物かも・・・(笑)

 

今でも色あせることなく、首元に輝いてる。

 

スポンサーリンク


最後に

 

結局、大学も中退し、初めて就職した会社も他会社に吸収されてしまい今ではもうない。

今残っているものは、初めてのボーナスで買った金のネックレスと、親に対しての感謝。
そして、親や兄弟たちの嬉しそうにカニをほおばる姿の記憶。

 

お金の使い方や価値観は人それぞれで、
同じ使い道でも人によって感じ方が違うのもおもしろいところだと思う。

 

あなたの初めてのバイト代、お給料の使い道はなんですか?

 

▲目次にもどる

↓↓↓ブログ村に参加してます。

にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へにほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 家族ブログへ

↑↑↑応援していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク


コメントを残す